12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-02-25 (Wed)
やれることは今やっちゃえ!
間髪おかず、最近食べたおいしいものをアップします。

最近は自炊の方もなかなかレベルアップしており、グレイビーなカレーがどんどん得意になってきました。
(ただ本当においしいカレーを作るには、かなり大量の油を入れなくてはならないということに気づき、一時の食欲に目がくらんで油を大量に投入するか、長期的に見てウエストぴちぴちになってしまわないように油はそんなに使わないようにするか、、、という選択肢に板挟みになっています笑)

今日アップするのは主に外食で撮ったものです!
①蕎麦
まさかデリーで蕎麦を食べることになろうとは、、、パハールガンジ、という観光客宿街にあるお店で食べました。
14246968110.jpeg

②韓国料理
韓国人が多い場所のこれまたパハールガンジのレストランにて。韓国料理が食べられたことも嬉しいのですが、なんといっても豚肉を食べることのできた安心感はひとしおですね。。
14246967850.jpeg

③おうちごはん
ナンと真ん中のチキンティッカ(香辛料焼き鳥)と端っこにあるビリヤニ(炒めごはん)は近所で買ったモノ、ヒヨコマメカレーは少しアレンジを加えてジャガイモとサツマイモを混ぜて作りました。
14246967560.jpeg

④インド菓子
すごい量、、、これはしかし三人でぺろりと平らげました。甘いもの好き三人が集まればぎりぎりいけます・・・
Laddu Milkcake Soanpapdi Halwa Barfi...インド菓子の名前を覚えるのもなかなか楽しいです。今日食べたお菓子は~とかいって単語帳に書き加えていったりして(*^_^*)
インドのお菓子は全般的にカルダモンの香りが強いです。甘い、カルダモン、終了!です(すいません表現力が乏しくて。。。)実際に日本にいた時に幾度かインド菓子を作っていたのですが、ラッドゥー作りました、その時もカルダモンパウダーが香りづけの隠し味(何も隠してないですね)でした。
14246965520.jpeg

目下の料理の目標は如何にしておいしい炊き込みご飯を作るか!です。
最近はカレーなら大体具によって作り方を調整できるようになったのですが、お米は難しいです><
炊き方のタイミングが合わず焦がしてしまったり、お粥になってしまったり、、、、
あ、あと卵焼きもおいしい料亭の卵焼きみたいに黄色と焦げ目の美しい色味の卵焼きを作れるようにもなりたいです。。。

ということで今からエンドウマメカレー(マタルと言います)作ってきます!バイ

<今日のウルドゥー語>
خربوزہ m メロン
スポンサーサイト
* Category : インド料理
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-05-06 (Tue)
ナマステ~~!

どどん!

20140506161054407.jpg

昨日はこどもの日ということで、父と母に頼んで夜ご飯は私に作らせてもらうことにしました
しかし私、玉ねぎのみじん切りの仕方も分からないほどの料理音痴・・・
とはいえせっかくインド料理の本を買ったので、作らないわけにはいかないムズムズムズムズ

2014050322124825a.jpg

このような葛藤を見事乗り越え(笑)、チキンカレーとほうれん草カレー、サフランライスを作ることに決めました。
決めるや否や、父と母を引っ張って肉屋、スーパーに行って必要な材料、および香辛料を買い揃えました

インディカ米は二年前にインドからお土産として持ち帰ってきたものを使うことに。
(ググったらインディカ米は一年くらい寝かせてから使うとイイらしいですし汗)

20140506161517a58.jpg

そしていざ調理!

20140506161534e9c.jpg

サフランライスはサラダ油とカルダモンとシナモンとベイリーフと塩と米(硬い)を軽く炒めて炊飯器に入れて水入れてサフラン入れてボタンポチッ。→30分ほど待つ→終了。
炊飯器から漂うカルダモンとシナモンのあまぁい香りは何とも食欲をそそりましたし、サフランのほのかな黄色は半ば賞味期限切れの米に何とも言えぬ高貴な風味を加えてくれました。

2014050616105550d.jpg

ただ米が悪いのか水の分量が少なかったのか、パラパラになりすぎてしまったかな!

そしてほうれん草カレーは塩の分量を間違えて色々レシピを無視w結果、ドロッとしたほうれん草カレーではなくサラサラグリーンスープカレーになってしまい、かつやや塩辛くなってしまいました…

20140506161128f4d.jpg

20140506161438558.jpg

でも私はほうれん草カレー大好きなんでおいしかったです。
さらに、チキンカレーでは玉ねぎの炒め方が自棄を起こしてw炒めが少し甘かったかなと思いましたが、ヨーグルトとトマトピューレがとろとろ感をさらに倍増させていて、胸肉ともうまく混ざってくれました。
父も弟もおいしいと言ってくれました。っあ母も。

20140506161417dca.jpg

そして感じたことは、やはりカレーはインディカ米が一番!ということ。日本でインディカ米を買うとかなり高く、しかもサフランは結構お高いので日本のインドカレー屋さんでは日本の米をターメリックで黄色に色づけしたものが使われていますが、サフランの風味、インディカ米の箸では掴めないパサパサ感はインディカ米でしか表現できないものだと確信しました。

そして食後の締めと言えばやはりデザート
母が私の大好物のケーキを子供の日ということで買ってくれました。チョコレートにホイップクリームにカスタードクリームという最強の組み合わせに私は心から酔いしれました

201405061614580b2.jpg


カレーを作った感想としては、想像以上に難しくない!!!ということです。これなら留学先でも十分自炊できるかもしれない!と自信を少しつけることができました(*^。^*)
向こうはインディカ米1キロ100円ですw そして野菜もフルーツも豊富なので食べる者には困らないと思います。
ただもう少し色々な料理を練習しておきたいと思います!

<今日のヒンディー語>
चकोरी f鶉
* Category : インド料理
* Comment : (7) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

* by Yさん
ご連絡ありがとうございます。もしよろしければYさんのFacebookページを教えていただけますか?申請させてもらおうと思います!プロフィール画像の特徴などよければ教えてください。

管理人のみ閲覧できます * by -

ぱきぱきさん * by युरि yuri
コメントありがとうございます。興味のある人に読んでもらうというのがこのブログを書き始めた動機なので、素直にそのように言ってもらえてとても嬉しいです(*^。^*)
ウルドゥー語は本当に美しい言語だと思います。例えばخという音はヒンディー語にはありません。ヒンディーではکھという発音で代用します。ウルドゥー語は発音が文字に引っ張られてアラビア語に由来する発音があります。デーヴァナーガリー文字(こういうやつ☞हिंदी)で表記するヒンディー語とはやや異なる発音になっています。実はびっくりかもしれませんが、インド映画(ヒンディー語)に使われている歌はほぼ9割がたウルドゥー語の発音です。これはウルドゥー語の発音の方が美しいと認められているからに他なりません。A.R.Rahmanというインド人のシンガーの歌を聴いてみてください、彼の発音は洗練された美しいウルドゥー語です。。
ウルドゥー語の勉強に当たって大事だなと思うのが、まずは語彙をしっかり覚えることかなと思います(偉そうに言える立場ではないのですが)。どう意味かというと、男性名詞、女性名詞をしっかり理解するだけではなく、その言葉の語源はペルシャ語なのかアラビア語由来なのか、ということまで理解する方がいいです。のちにヒンディー語も勉強なさることになった場合、大変便利な知識となります。誤った発音をすることがなくなります。例えばウルドゥー語のشہرت(shohrat:名声)という単語はしばしヒンディー語ではsohratと発音されることがあります。しかしあらかじめこの言葉がアラビア語起源だと知っていれば、そのような発音のミスは生じません。
勉強方法に関するおススメの方法は私も模索中ですが、昨日より今日は一歩前進できるように日々精進を積んでいきたいです。

管理人のみ閲覧できます * by -

* by 博多っ子
料理があまり得意ではないのに、インドカレーに挑戦とは!とても勇気がありますね。写真から見ても美味しいカレーだったことが想像出来ます。サフランライスも綺麗に色がついていてとっても美味しそうです。この記事を見て自分もインドカレー作りに挑戦してみたくなりました(^^)♪

博多っ子さん * by युरि yuri
コメントいつもありがとうございます(^○^)カレーはシンプルなのに火加減で味が変わってしまうので、初心者の私には強敵でした!玉ねぎはゴーグルをして切りました笑
今少しバタバタしていてブログの更新が停滞しているのですが、これからもぜひブログに立ち寄っていただけると嬉しいです!

個別記事の管理2014-04-13 (Sun)
おはようございます。
朝早く起きて私がやったこと↓



お菓子作りwwww

ラッドゥーという、簡単に言えばひよこ豆粉を油でしっとりさせて熱して粉糖と香辛料(辛いのじゃないやつですよ!)を混ぜたお菓子です。

父いわく、『油落雁』笑。
これはかなり良いネーミングセンスで感動しました。

料理はやはり一発ではなかなか自分の思い描いていた味に到達できないものですね。
今回作ったラッドゥーも、かなりパサパサしてしまってラッドゥーなのにヘルシーっぽくなってしまいました笑。

実際のラッドゥーは油の滴る超高カロリー食品です。

それでも一回作って、じゃあ次回はもう少しこうしよう、と考えることができ、料理もやはり日々の積み重ねですね。

和風盛り合わせ↓



(*_*)うーんやっぱりまだぱさぱさ↓



次回はもう少し油と粉の比率を変えてまたチャレンジします!

では!

<今日のキーワード>
लड्डू لڈو m ラッドゥー
* Category : インド料理
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-04-12 (Sat)
ナマスカール!

今日はなぜかかなり太っ腹で、たくさん出費をしてしまいました(^o^;)

買ったものは主に食材で、新大久保と近くで開催されていたインドフェスで買いました!

ギー(牛乳からとった油)1.5kg

レーズン、ナッツ、デーツ

ベイサン(チャナー豆の粉末)

カルダモンパウダー



これを何に使うか、ですよね?

インドのお菓子(ミターイー)を作るため。以上!笑

先日、尊敬する先生にインドのお菓子の作り方のレシピ本をお借りして、色々作ってみたい!!というものがあったのでピックアップして、とりあえずインドお菓子でよく使われる材料を集めてみました。

最近自炊の必要性をしみじみじわじわ感じています。(お菓子ではなくおかず…)

先日も『自炊本』というレシピ本を買って歩いていたら(大学で)、大量の新歓用ビラをもらいました。

そして開いてみたら肉料理ばっかりwインドで応用を聞かせるのはなかなか難しそうですが、留学までに色々練習をしたいです。

お菓子作りもインドで滞在するには避けては通れない道だと考えています(私だけ…?)。

インドではとにかくみんなお菓子が大好きで、街角で山積みにされたお菓子お見かけたのですが、気になるのは衛生面。

ということでやはり自分で作ることができたらアドバンテージではないでしょうか、という単純な思考回路です。

まずはベーシックにラッドゥーというお菓子に挑戦しようと思います。

成功したらブログにアップするので少々お待ちください!

↓ギー


<今日のヒンディー語>
कट्टरपंथि m テロリスト
* Category : インド料理
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-03-13 (Thu)
こんばんは(*^。^*)

10日ほどご無沙汰していましたね。

言い訳という分けになりますが、不規則な生活と久々のアルコール投入と暴食でかなり弱っていましたorz

おまけに三月なのに雪が降ったかと思えば半袖でもいけそうなポカポカ日和に大雨。。。天変地異が起こりそうなくらい毎日変化に富む天気です。

本当に地震来るかもしれませんね怖

そういえば母が防災グッズを最近一新していました。電池や水やランタンや雨具やら非常食やらを買い揃えていて…。有名な気象学者がもうすぐ大地震が起こると予言したとか…

まぁ…来るか来ないかわからないことにびくびくするのは無駄なことなので堂堂と生きていきます。

さてここ最近は随分いろいろあったのですけど特に特筆すべきことではないので振り返りは割愛して、

二つだけお知らせというか書きたいことを…


まず一つ目!

「カフェ巡り」

これまではスタバで勉強する女子、とかいうものに良いイメージはなくて、勉強するなら図書館でしなしゃい!甘い汁すすりながら勉学などできぬぅわ!

って思ってたんですけど、ここ最近ふらりと立ち寄る喫茶店てのもいいかなと思い始めました。

アツアツのコーヒーと煙草の煙がくゆる店内で、クラシック音楽やジャズのBGMを無意識に聞き流しながら読書をする時間が新鮮で。。そして贅沢で。。

2014031322583956d.jpg


いまだにカフェで勉強はできないとは思いますが、もしかしたら読書は図書館よりもはかどるの…かも?

喫茶店で思う存分ゆっくりできる機会もそうそうないので、学生のうちに色んな喫茶店を覗いて贅沢な時間を過ごしたいです。

ちょっと話の方向性が変わりますが、贅沢ってなんだろうとこの頃考えさせられます。

これまで無駄なものは買わないように大学にはお弁当、コンビニでは文房具などの必要不可欠なもの以外は買わないように心掛けていましたが、たま~にお菓子を買って口に含んだ時に広がる幸福感、

また、カフェに行って少量だけれども結構お高めなお食事をする時の満足感。

一方で古本一冊で歓喜する自分もいますし、、、自分はどんな時に幸せを感じるんだろうと最近(暇なので)自問自答しています。

それで答えかはわかりませんが一応納得できるものが見つかりました。
それが、自分自身を大切にすること、です。これが結局は一番贅沢なことではないかと。本当に単純なことなんですけどね。

それに気づいてから少しだけ人生において物事と向かい合う姿勢が変わったように感じます。

夜更かしは良くないと言われていますし確かに健康に悪いことではありますが、だからと言って無理やり23時に床につくのは心に悪い、自分の意思に反している、そう思うようになりました。

なので多少の夜更かしをしてもお風呂上りにインドの楽器Shital音楽のCDを流しながらベッドの上で勉強したり読書したりする時間を確保するようになりました。
昨日もそんな感じでなんだかんだ寝たのが深夜二時でした…うふ

アメリカから帰ってきて新学期の準備などが片付いたら、アロマを焚いたりリラクシングソングのバリエーションを増やしたり、そしてカフェの開拓をしたり、色々とこれまでは(物質的に)無駄なもの、ととらえていたようなものにチャレンジしてみようと思います。

20140313231505835.jpg


そしてお知らせしておきたい二つ目はアメリカ旅行 in NYです!

とうとう出発まで三日くらいになりました!たったの10日前後の小旅行なんですが準備はなかなか大変…
例えば
パスポート更新(そのために戸籍謄本を取り寄せたり)、
ガイドブックを数冊買って、
クレジットカードのレベルアップ、
航空券eチケット確保、
IDの整備、
国際学生証の発行、
旅行先がアメリカなのでESTA(ビザ免除プログラム)申請、
航空会社の規約確認、
旅行先でのホテルの予約と支払、
各チケットの予約(自由の女神とかMETSとか911メモリアルとか)、
海外旅行保険契約、
円ドル交換、
スーツケース購入、
プランニング(休館日、入場料、場所、アクセスなど)

そしてこれらすべてにおいて母があれこれすべて協力してくれました。いつも文句ばっかり垂れてる生意気な娘と息子のために奔走してくれて、御駄賃までくれて。。。

自分が親だったらここまで子供に献身できるのかなと思ってしまうほど、深い愛に自分は包まれているなと感じます。なので、ここでもらったお駄賃やその他の諸経費は帰国後バイトを頑張って自分で賄おうと決めています。

そしてそれが終わってほっと一息ついたところで何かプレゼントを買ってあげて、一緒に(その時までにはあるだろう)お気に入りのカフェに連れてってケーキを一緒にかじる。
・・・こんなしょっぱずかしいことを考えています(*^。^*)

もちろん父にも感謝です。色々為替レートのこととか、クレジットカードを貸してくれたり、なによりもアメリカ旅行をオッケーしてくれたこと。

娘と息子を外国に送り出すなんて普通の親御さんならかなり渋るでしょうに。父と母の信頼をしっかり受け止めて、安全な渡航と最高の思い出を作りたいです。弟は私が守ります(@_@)!

しばし旅行というものは準備から旅行と言われますが、その通りですね。あとは実際に行って楽しんで来る、あまーい蜜を吸う部分が残されているばかりです(^0_0^)

201403132309190a0.jpg


とりあえず近況報告で終わりますが、せめて写真をお楽しみください(*^^*)
一部は私のお腹をぶっ壊したものであり、一部は私を至福へ導いたものであり…w



20140313230253bcd.jpg

パキスタン大使館で頂いた本場パキスタン料理。ビリヤニ(炒め飯)とカレーとローティ(素焼きのナン)とシワイヤーン(練乳そうめん)まで!!せっかくの料理だったのに体調不良で不発だったのが残念な私…

20140313230725c66.jpg

20140313230750f9e.jpg

ネパールカレー。マトンカレーにパラクマトンカレー(ほうれん草)にチキンティッカ、シークケバブ。こちらはあまりいい油ではないみたいでした(^_^;)…私が激辛を頼んだからでしょうかね!!

201403132308126d1.jpg

20140313230836106.jpg

またカレー笑。こちらは洋風スープカレー。山の高さで辛さをオーダーするのですが(例えば富士山は中辛、エベレストは激辛、というように)、私は天国(超絶辛)をオーダーw
個人的に薄暗い店内に趣のある調度品が雰囲気を盛り上げてくれるのでまたこっそりと行きたいです。ふふ

20140313230856727.jpg

こちらは友人に紹介してもらったミャンマー料理。オーノカウスェー?というらしいです。ココナッツミルクラーメンで、まろやかでとろとろとした乳麺のようなイメージ。
しかし刺激を求める私は大量に唐辛子を投入。ミルク色のスープはたちまち赤く・・・カレー化www













残りは飲み会のお食事です。バイト先の飲み会では、本当に他愛もない話ですが共通の経験があるというのは不思議と一体感をもたらすのですねぇ。

ということで最近あんまりヒンディー語英語をやっていなくて自信を失いかけています。勉強しなきゃ!

では!
* Category : インド料理
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。