123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-03-02 (Sun)
おはようございます!

今は市ヶ谷駅に降り立った時からここいきたいヤバイテスト終わったら行こうと思っていた珈琲喫茶でくつろいでおります。

深入りのとろっとしたこくのある一杯ですおいしーい(^q^)



さて、

受けてきました~IELTS二日目のスピーキング試験!

とりあえずこの面接試験と昨日のペーパー試験を受けて、IELTS、機会があればまた受けたい素晴らしい試験だと思えました。

私の試験官は、ほっそりした小柄の、銀髪を短くさっぱりと整えた伏し目がちな大きな薄墨色の瞳のイギリス人女性でした。

話し振りも控えめで、高い鼻に申し訳程度に引っかけた細フレームの丸眼鏡から時折覗かせる瞳には、教養と高貴さがきらめいておりました。

(以上は私の独断で主観的な描写ですw)


話題はお花の話。お花といえば知っているのはdaffodil水仙くらい(とある英語詩で知った言葉)の私にはかなりキツイトピック…笑

でも、しっとりと話す彼女の佇まいにうっとりしていたら特に変な緊張もせずに過ごせました。

個人的にお知り合いになりたいような魅力的な女性で、本当にリラックスした雰囲気のなかで試験、というよりは世間話、的な感覚で過ごせました。

15分の試験時間だったんですけど、もっと話していたかった…うっとり(⌒‐⌒)
私は受験者で彼女は試験官なので私から彼女に質問をすることはいけないんですけど、どこ出身か聞きたくて聞きたくてもううずうず。聞けずじまいでしたけど…

でも帰り際に彼女から私のほくろ(!)について質問をされて、その質問は完全にテスト内容と関係のないものだったので小さなサプライズではありますが個人的な質問にほっこりしてしまいました(*^^*)

知り合いになりたい~
(^o^;)

これまで英検や小さいあれやこれで何回か英語の面接試験を受けましたが、今日が一番リラックスできました。

試験官は5人くらいいたんですけど、そのなかで唯一の女性の彼女に当たってよかったです。面接試験って試験官との相性が必ずあります。ああこの人ともっと喋っていたいと思わせるような人間になりたいものです。

結果的に私はTOEFLとIELTSの両方の留学英語の試験を受けたんですが、

私はIELTS派です!!

煩雑な手続き、高額な受験料、セキュリティーの尋常でない厳重さ、二日間の拘束時間
など取っ付きにくいテストではあったんですけど、受け終わってみたらinvigilatorsの手厚いフォローに、興味の持てる内容のペーパーテスト、快適なスピーキングテストなどなど
TOEFLよりも人の暖かさを感じられる試験でした。

ありがとうございました!次回もまた是非受けたいと思わせるような素敵な二日間でした!

さてこれからパキスタン大使館にいってきまーす

<今日のヒンディー語>
सामान्य adj 一般的な
スポンサーサイト
* Category : お勉強
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-03-01 (Sat)
ハロー!

ご無沙汰しておりますq(^-^q)

昨日はもう春かぁ~

と春の訪れに心踊らせてしまうような暖かいお天気だったのに今日はしとしとと雨が都心を濡らしておりますね。

今日は水道橋におります。

英語の試験を受けてきました。IELTSという試験で主にイギリス系の国々、例えばイギリス、アイルランド、オーストラリア、カナダなどで広く用いられている留学する際に英語力の証明にできるオフィシャルなテストです。

日本では英検協会が代行してテストを行っています。

なかなか受けるまでの道のりは大変です( ̄▽ ̄;)

まず、受験日の5週間前に予約→支払い

普通はこれで予約完了だと思いますよね?違うんです。

このあとIELTS(というか代行機関の英検協会)から封筒が送られてきて、顔写真と誓約書(不正しませんってやつです)、そしてパスポートのコピーの提出を一週間以内に求められます。

提出が遅れたら受験資格抹消です
この試験、受験料が¥25000弱なんですよ。笑 高いです。下手に書類の提出忘れでせっかく受験料払ったのに受験資格破棄とかだったら参っちゃいますよね。

そして、登録web画面に提出書類受領というマークがついたらようやくひと安心して受験票が届くのを待つことができます(受験票発送予定日に大雪が降って届かなくてかなり焦りましたw)

受験までの準備がこれだけてまひまかかって…いったいどんな試験なんだ!?ということで今日受けた感想を言いますと、

これまた手続きが面倒(^o^;)!でも試験内容は面白い!(^o^)

荷物を別の部屋に置いて、パスポートの照合と、指紋と顔写真を盗られ、やっとのことで受験室へ。

トイレなどで一旦部屋から出るとまた再びRe-entryといって以上の手続きをはじめからやり直さなくてはなりません。

教室内に持ち込めるものは鉛筆、消しゴム、水、パスポートのみ。かなり厳重です。

そして三十分ほど試験が始まるまで私は待ちました(朝の8:30…)

そう、この試験、開始時刻がかなり早め!(東京会場だけかもしれませんが)
受験者一人一人にそのような手厚い手続きを行っていくので時間がかかるとはいえ集合時間7:50は辛い…

試験開始までの待ち時間の三十分間は、もちろん参考書などは持ち合わせていないので正真正銘の手持ち無沙汰。

寝ました(爆)

そしてボーッとしてたらリステニングテストが始まって、終わっていました泣
集中力がブッチッッッブッチ切れて自爆しましたw特にディクテーションは、あ、あの人くしゃみしたぁ、とか考えてたら色々とキーワードを聴き逃しました
リステニングは集中力、およびおバカなことを隙あらば考えようとする自分自身との戦いです!!

でもリステニングが終わった辺りでようやく覚醒してきて、リーディングは楽しんで読むことができました。

リーディングの内容は大問三題。
1つめはZoologyについて。Bovinae Aritodactyla Perissdactyla (ウシ目、偶蹄目、奇蹄目)などしょっぱなからから意味不明語句が出てきましたがここで怯んではいけませんね、ちゃんと文章内にヒントが豊富に含まれています。
2つめはえーとなんだったっけ、、ああ、ホンジュラスの行き詰まった焼け畑農業に新たな活路を見いだす!的な記事を模した文章でした。焼け畑農業は同じ土地で永続的に栽培ができず、それまでは別の土地を代わりに使っててそれでよかったけど、最近はコーヒー畑とか大規模プランテーションなどが土地を占有してしまって土地の移動ができないっていう問題に直面しており、そこでなんたらっていう木を植えることでその木の落とす葉っぱが土地再生の速度を上げてそれまでは不可能だった農作地の恒常的利用を可能にするっていう内容でした。

そして最後の3つめ、これがもっとも面白かったです(試験用紙を持ち帰れたらもっと色々調べることができるのですけど…何せセキュリティが半端なく厳しいので、、)
最後の文章はgroup task、グループ作業を心理学的見地から色々な研究者が行った研究結果を紹介していくもの。その結果はビジネス場面に利用できるから今後益々重要性が増していくんですって。
今覚えている範囲でその興味深い研究内容をいかに列挙してみると
・人間は単純な作業だとグループ作業が向いていて、逆に複雑な集中力を必要とする作業は単独作業の方が作業効率がいいそうです。
・あとグループワークでも一人一人の仕事量が評価されるよりも、全体の仕事量が平均的に評価されると伝えられていたグループの方が全体仕事量が上回る。一人一人の仕事量が明確に評価されるってわかってたら人間はストレスを感じて作業の質は落ちてしまうそうです。だから後者のようにグループ全体の仕事量というように個人の仕事量を明確にしないことは作業効率にかなり影響を及ぼすそうです。個人が特定されないという環境(Disidentificationっていうそうです)でバリバリ働いちゃう性質は仕事効率のアップとともに危険な側面も持ち合わすようで取り扱いが難しい(例えば匿名だと普段はおとなしい人がチャットとかで暴力的になっちゃうように)とのこと。
・そしてグループに優秀な人材が集まっているからといって優秀な結果が見込まれるわけではない。それよりも役割分担が明確なことの方が重要。なので現代のhierarchicalなシステムよりも蟻のようなネットワークシステムに変更を加えていくべきという意見もあり…

ほんの二ページくらいの文章だったんですけどずいぶん興味深く読み進めることができました。興味のある分野だとはかどるのは人間誰でもですね。

そしてそのあとライティング、、私はいつになったら子供みたいな文章ではなく成熟した英文をかけるようになるのか…まだまだ鍛練が必要ですな!精が出ますな!

そして今は(隣の人がタバコ吸い始めましたので後にしましたが)小さな家族経営らしい町のコーヒーやさんでお昼をしていました。私が入ったときマスターが奥さんとお昼ご飯中っていう笑 
しばらくは客が私しかいませんでした。静かな環境で珈琲の香りを楽しみながら試験の余韻に浸ってます



コーヒーにバタートーストっていうシンプルな組み合わせがなんだかほっこりさせますね(^q^)

反省点は、試験対策を全くしなかったこと(参考書買ったのにもかかわらず)。特にリスニングは結構ディクテーションなど独特なものがあったので予め準備をしていたら…という後悔はあとたたず。
もし次回受けるなら今回の反省も含めてスコアアップしたいです。

IELTSは二日間かけて行われます。明日はスピーキング試験です。たかが15分のためにまた東京に出るのか~と思いますが明日もどこかのひっそりした喫茶店を探します。
そこで今日家に帰ったら届いているだろうとある参考書の勉強をしますうっふっふこれについてはまたの機会に…!

バイトの繁忙期も終わり、知人に頼まれていたヒンディー語日本語訳、バイト先から頼まれていたメニュー英訳も終わり、あとは友達とのボリウッド映画にまみれようの会と飲み会×2にU.S.A.旅行ウェーイという遊びまくりん期に突入です!

ちなみに、イングリッシュブルドッグのWeinsteinメス3.5才↓知り合いのワンチャンです。27キロですって!昨日初めて会ったんですけどかわいいいい!



<今日のヒンディー語>
व्याकरण m 文法
* Category : お勉強
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-01-11 (Sat)


行って参りました!浮世絵展!日本の美を堪能して来ました~~

私ははまっこでして江戸についてはあまり知らなくて…
というか日本史の知識が遥か彼方でぼやけてしまっている身なのでこのような機会で日本の歴史を感じとるというのもなかなかいいものです。

身を切るような冷たい空気と眩しいくらいの青空、今日は天気も外出を勧めてくれていました。

まずここ、東京博物館は両国にあるんですけど本当に大きい笑 

こちらは浮世絵展入口です。



新年の装いですね。展示時間の始めに行ったのですが、それでも多くの人が訪れていました。
どどーん

これは吉岡芳年の作品。この人の作風は特に印象に残りました。


頭が小さくすらりとしたスタイルの良い女性方。

こちらは常設展




↑映画館

江戸、明治、大正、昭和、そして平成と東京の町が歩んだ歴史を独創性溢れる展示で紹介してくれています。

日本の歴史が知りたい、という海外からの友達にはまずここを勧めたいですね。

様々な浮世絵を見て感じたことは、私にもっと日本史の知識があったらなぁという悔恨の念でございます。

留学して海外で学ぶからこそ自国のことをよく知っておかなければですね。

という思いも博物館の近くにある天ぷら屋さんで美味しい天ぷらを食べたら忘れそうになってしまいました~忘れません。父と。今日も車を快速で飛ばしてつれていってくれました!お疲れ様です



さて、明日はTOEIC、明後日は成人式、水曜日はレポート提出、金曜日は課題締切、金曜日土曜日は合宿です

やらなきゃいけないことが山積みなのでそろそろ現実を受け入れます笑

では~
* Category : お勉強
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。