12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-08-31 (Sat)
السلام علیکم.
こんにちは!
アッサラームアレイクム!
さて、これはイスラーム教徒間で交わされる挨拶です。こんにちは、という意味にもなりますしさようなら、と言いたいときにも使われます。

そして、申し遅れましたが私は大学でウルドゥー語 اردوを学んでいます。
この言語は主にパキスタンの公用語として用いられており、北インドを含む広範な地域で話されている言語です。
実はヒンディー語との共通点は多く、基本文法はほとんど同じです。
例えばご機嫌いかが?と聞くときは
کیا حال ہے؟
क्या हाल है?
と表記します(上ウルドゥー語、下ヒンディー語)。見た目は違えどどちらもキャーハールヘと読みます。
なので実はウルドゥー語とヒンディー語ができるというのは厳密には二カ国語を使える、ということとイコールではないのです(^^;)(;^^)

それはそうと、パキスタンでは主食はなんだと思いますか?カレーです。
インドはカレーというイメージが強いかもしれませんが、パキスタンもまたしかり。
今日は実はそんなパキスタンカレーを食べてきました!
じゃん

オーナー曰く、日本で食べることのできるカレーはパキスタンの庶民が毎日食しているカレーとは異なり、もっと油が多くボリューミー。実際はもっとさっぱりしたものらしいです。
実際にこのカレーは味付けは数十種類の香辛料と塩。辛さのなかにも甘味があるのは野菜から溶け出した自然の旨味だそうです。
マトンがふんだんに使用され、香辛料も主張はしているが味と味がぶつかったりせずとても上品にカレーの香りを引き立てています。クミンシードや他のシード系の香辛料がそのまま入っているのもなかなかアクセントとなっていました。
食後のチャイもカルダモンとシナモンの芳香が漂い、砂糖の多すぎないさっぱりとした味が食後のお腹を優しく包み込んでくれました。ランチ営業時間が過ぎても話し込む女子大生四人を迷惑がらずに受け入れてくれてありがとうございます(´;ω;`)
マスターも奥さんもとても温もりのある方でした。また行きます!
Webで<サリサリカレー>と検索してみて下さい。アットホームなあのレストラン、私は後5回くらい行くような気がします。
見た目は怪しげですがどうか見かけに惑わされずに魅惑の世界へ足を踏み入れてみて下さい。



*今日のヒンディー語*
संकट S.m 恐ろしい不幸
スポンサーサイト
* Category : インド料理
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-08-31 (Sat)
こんばんは~
昨日食べたかき氷が原因でしょうか、今インド旅行以来の腹下しに見舞われております(+o+;;;;

しかし九月は鬼のように忙しいので八月中に色々終わらせておかねばいけないことが多いのです。
その中の一つに旅行準備!があります(^○^)/近日中に女二人国内旅行を計画していますしかしもちろん大学生はお金がないので日本の端まで夜行バスです笑。6日間で夜行バス36時間乗車予定です爆。
お金こそありませんが体力はありますのでなんとかなるでしょう

そういえば私の人生を変えることになった、というとひどく陳腐な言い回しになってしまいますが、それほど強く私の心をとらえたのがインドへの旅行です。

多くの人がインドと日本の違いに愕然とするそうですが、私は実はほとんどカルチャーショックというかそのような衝撃は感じませんでした。それまで大学で1年近く南アジアについて学んできて、自分の中ですでに‘インド像‘が出来上がっていたからかもしれません。もしくは実はそこまでインド旅行を心の底から渇望していたわけではなかったからなのかもしれません…
とにかくインドの埃っぽい道路や物乞い、タージマハルやかの有名なガンジス河を見ても、どこかに既視感を覚えていて、心の底から揺さぶられるような感銘には襲われませんでした。
その既視感はきっとテレビや文献や大学の講義で得た知識が自分の中にインドという土地を客観的に形作っており、幸か不幸かそれが実物とうまく適合してしまったからなのでしょうね。

そんなドライな私がなぜインド留学なんて決断をしたのでしょうね笑
正直インド滞在時期は、やはり留学するなら欧米だなと密かに思いましたし、それまでも留学先にインドが候補地にあがることがあろうとは一寸たりとも考えていませんでした。
人生って不思議だなあと思います。。つい数年前までは自分がまさかインドの言語を勉強しているなんて予想はしていませんでした(@_@)

ちなみに以下はそんな私でも思わず気になってしまったものです。
RIMG0372 (640x480)
これ、その名も!!!
クルミや干しブドウに甘いカレールゥ、そしてそこにパクチー
甘さと香辛料独特のくさみがなかなかおいしいのです(@_@)!!!

RIMG0538 (640x480)
パニールというカッテージチーズがインドではよく食べられています。おそらくこの屋台ではパニールが売られています。にいちゃんの大きすぎるポージングのためよく見えませんがこのパニールは私達が食べなれているようなのび~るチーズとはちがい、豆腐を少し固めたような触感にくさみはそれほどない素朴な味です。あつあつカレーの中でもなかなか溶けません。

RIMG1031 (800x600)
これはジャイプルという北インドの都市のラジマンディルという大きな映画館のロビーです。このラジマンディルはボリウッド映画のプレミアが行われることもしばしば。私はここでヒンディー語の映画を観ました。
…まあわからなくて寝ました。そしてインド人の叫び声に起こされました。また、キスシーンでのインド人(観客はほとんど男性)のひゅーひゅー声の大きさになぜか私が赤面
日本とは違ってとにかく映画館から活気があふれていました。今日の新聞に経済成長の停滞が危惧視されていた国とは思えません笑

とまあこんな感じで私はどんどんこの国の魅力に雁字搦めにされていくのです(^0_0^)


*今日のヒンディー語*
मध्ययुगिन S.adj. 中世の


おやすみなさい!
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-08-29 (Thu)
こんばんは^^
大学生の夏休みというのは暇なもので、せめて夏休みの期間は毎日ブログをコツコツ更新していこうと思います。毎日留学について考える機会を自分に課すことにもなりますし、なによりも文字化して初めて気づく・・・なんてことも多いと思います。頭の中でぐちぐち悩むよりまずは悩みの種を明確にしようと思います。
・・・というかブログを書くことさえできなくなるくらい怠惰にはなりたくないwです。

といいつつ今日は朝5時半起きで友人とカラオケで6時間熱唱してきました。二人っきりなので曲の回転がはやいはやい(^_^;)、もうしばらくは歌いたくありません((+_+))
カラオケでは私は一昔前の曲しか歌えなんですね、例えば最近の曲でも2010年くらいまで…。なぜでしょうか、それは、大学に入ってからボリウッドミュージックにはまってしまったからです。

ボリウッドとは何ぞや??
→ハリウッドと語呂が似ていますね。ハリウッドがアメリカを代表する映画業界のことを示すならば、ボリウッドはそのインド版です(ボリウッドのボ、はインドの一大産業都市ボンベイのボ、らしい)。

まあ説明よりも実際に聞いてみてください。以下は私の中での不朽のトップ4のボリウッドミュージックです。全部完璧に歌えます!!!

まずはインド人、パキスタン人なら誰でも知っている有名すぎる映画「Umrao Jaan」(1981)のムジュラー(踊り子のパフォーマンス)部分。見目麗しいRekhaの妖艶な瞳に酔いしれます 
歌詞の内容を軽く紹介すると、

इन आँखों की मसती के मसताने हज़ारों हैं.
ان آنکھوں کی مستی کے مستانے ہزاروں ہیں۔


上がヒンディー語、下がウルドゥー語表記です。どちらも文字こそちがいますが、冒頭の歌詞"in ankho ki masti ke mastane hazaro hain" の部分を表しています。意味は「この(私の)瞳に酔いしれる人数多し」…(^_^;)…半端ない自信です笑→ http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=ADKVUwj5uKI

そしてお次は「Ham Aapke Hain Koun」(1994)の"Lo Chali Men"です。この映画はまだ観たことがないのでよく歌詞の内容が呑み込めていません。アップテンポのかわいらしいポップなリズムが頭から離れません。→ https://www.youtube.com/watch?v=sGfVK1V26lA

さてお次は「Slumdog Millionaire」(2008)の"O Saya"(影)という曲。これは実はボリウッド映画ではありませんが、お気に入りです(^○^)MIAのラップが→ http://www.youtube.com/watch?v=qOyDRuoA-kk

そして最後がこれぞ多くの人がザ★インド映画と感じるような曲かもしれません。「Om Shanti Om」(2007)より(日本では「恋する輪廻」として絶賛上映中です!!私はもう三回観ました。)"Dhoom Taana"です。南アジアでは知らぬ者のいないシャールク・カーン主演の時を超えた壮大なスケールの映画です。"Dhoom Taana"以外にも様々な趣向を凍らした曲がまたたまらなくイイです→ http://www.youtube.com/watch?v=TjUXr560Gu0


……つい熱くなってしまいましたそもそもなんでこうなったんでしたっけ 笑
とにかくこんなに素晴らしい曲がたくさんあるのにどれ一つとして日本のカラオケでは歌えないということが無念でならなかったのです(何のためにいろいろ練習したのか。。)フィリピンや台湾の曲は入っているのでインドももうすぐであることを切に願っています!(;O;)


今日はインド留学とは全く関係ない内容ですね。少しでも面白いと思ってくださったなら幸いです。


最後に、ヒンディー語のタイプはなかなか難しいですでもせめて留学準備として語学の勉強は必要最低限の準備なのでこれから今日のヒンディー語、というコーナーを作って自分を激励していきたいと思います。

*今日のヒンディー語*
प्रकाशित S.adj. 明確な 照らされた

では!
* Category : 映画ソング集
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by 株の勉強
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

Re: タイトルなし * by युरि yuri
株の勉強 さん
そう言ってもらえて光栄です、ありがとうございます(*^。^*)

個別記事の管理2013-08-28 (Wed)

こんにちは、本日二回目の投稿です
もう5、6年ほど前から日記を書き続けていますので筆まめ、と言えるでしょうか。これまでは日記で毎日の出来事を書いているのでわざわざブログを作らなくとも事足りると考えておりましたが、成人したことですし(あまり関係ない…笑)、インド関係に特化して何かを書くということを始めようと思い立ちました。

頑張って続けるぞ! हिम्मत न हारे(ヒンマット ナ ハーレー、くじけませんように)!

……笑、いきなり意味わかんない字をなんなんだですね(^_^;)

これはインドで公用語として使用されているヒンディー語という言語です。怪しげなスパイスや、エスニック雑貨屋さんで買った品物などの裏などにたま~に書かれています。一度や二度はこの文字(デーヴァナーガリー文字といいます)を見たことのある人も多いのでは?

基本的には単語一つを上の一本線でまとめて表記します。日本語との関係も深く、仏教の梵字もこの文字がもとにありますし、日本語の五十音(あいうえお~かきくけこ~・・・)はヒンディー語の語順配列を模倣した物なんです!

RIMG1434 (800x600)

これはインド北部の西端の小さな砂漠の町、ジャイサルメールの家の壁に塗られていたものです。2013年2月6日に作られた割と新しい壁ですね(私が写真を撮ったのが翌月の3月6日でした)。パキスタンとの国境ぎりぎりの町で、人々の顔だちもインド~というよりは中東的なエキゾチックな顔立ちでした。

話は戻りますが私はこのヒンディー語という言語を現在日本の大学で学んでいます
やはり新しい言語を習得するのは難しく、たまにサボってみたり…(ー_ー)!!しかし基本的にインド人とコミュニケーションできるようになりたいという思いがあるので少し勉強してみたり…

インド留学ではもちろんヒンディー語能力も向上させたいです
長めの投稿になりましたね。インド留学で具体的にはどんなことを学びたいのか、インド旅行の詳細、、という話についてはまたの機会に譲るとして・・・
今日はこのくらいではやる気持ちを押さえようと思います(^○^)
それでは!
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-08-28 (Wed)
ナマステ! 
はじめまして、yuriと申します。

私はつい数日前に20歳の誕生日を迎えた大学二年生です
本当は誕生日のその日のうちにブログを立ち上げようと思っていましたがついつい遅れてしまいました(^_^;)

なぜブログを立ち上げようかと思ったのかというと、(私にとっては)大きな決定を下したからです。そのそれは
インド留学です。

どうしてインド?何のために?何を勉強するの?本当にインドでいいの?といった葛藤や、
最近のデリーの治安の悪さ(外国人暴行事件などのニュースで報道されているように…)に対する不安はあります。
インド留学をするという決定を下したものの内心ではまだ迷うところも多くあります。女子なんだから留学するならもっと過ごしやすい滞在先にするべきではと心配する声もあります。

このブログを書くことで、そんな自分の中に燻る不安を軽減させていけたら、そして前向きにひたすらに自分の目標に向かって突き進むことができたらいいなと思います。

ブログという場ではありますが公言することで逃げ道を作らないように、今まで悩んで悩んでようやく踏み込めた一歩を大切にしたいです(悩んだ経緯も書いていこうと思っています)。

これからつらつらと書き進めていきますのでどうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

それでは以前インドに旅行に行った際の写真を添えて本日の投稿の締めとさせていただきます。
インド北部ジャイプールのジョーハリーバーザール(訳:宝石市場)よりRIMG1012 (1024x768)

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |