12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-10-23 (Wed)
こんにちは。

10月は色々新しいことに慣れるのに精一杯で、なるべく毎日書き続けるという目標はどこへやら、もう10月も半ばを過ぎてしまいました。

何回か台風が終わり、11月を前にすっかり夏の余韻は一掃されてしまったような気がします。

もう少し秋を楽しみたかったな~というのが個人的な感想ですが
来る次なる季節への期待も高まっております。

ちょうど先週の一週間、学生ボランティアとして国際会議の運営に関わっていたのですが、その事についてはまた別に詳しくお話しできたらなと思います。

とりあえず、昨日のお話です。
たまたま父と夕飯の時刻が被った時に、父がひとこと。
「本当にインドに留学するの?」

私、「うん。」

父、「そうか、わかった。くれぐれも気をつけて。」


たったこれだけの会話です。これだけの会話ですが、父も母も私がインドへの旅行を進めていることを形式的には了解してくれているのだな、と感じました。

そして、インフラもまだまだ日本と較べて未熟な、そして治安もあまり安定していない国に、娘一人送り出すという決断はなかなか難しいものがあると思います。(私が親なら反対する、かも)

こんな若い人間的にまだまだ改善が必要な私の希望を聞き入れてくれる両親に感謝します。深い理解と私を信頼してくれているのだなと痛感します。

やはりしっかり準備を重ねて、インドに留学に行く理由、目標を明確にしたいです。

今はそのために色々と本を読んでいます。読書の秋、なのでしょうか、

それなら天候的には冬に入りかけていても私のなかでは秋はしばらく続きそうです(^^)
スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-10-09 (Wed)
こんばんは~。

最近毎日が忙しいですが授業も楽しく、充実しています。

授業の内容が理解できて、自分の中に整理整頓されて収められる感覚はは何とも心地よいです。

受講授業数がかなり少ないからかもしれません笑
週休三日(土日含め)、かつお昼登校という何とも優雅な暮らしぶりです。

今取っている授業で楽しいものは、英語語彙論、文化・文学概論、ウルドゥー語詩(ガザル)の授業です。

ぶっちゃけ自分が文学向きだとは思っていませんでしたが、ソシュールの言語論や物語論、テクスト論などはとても興味がありますし、英単語の持つCollocationやIdiomに関するOpacityの問題は深く掘り起こすまでではありませんが少なくとももうちょっと知りたいです

そして、ガザル(ウルドゥー語の詩)の深淵な魅力に半ば引きずられている自分もいます。
まだ数回の授業でガザルの基本構造を学んだだけですが、色々と創造力を書き立てられる詩の内容で、自分流に詩を咀嚼して理解するのが何とも楽しいです(変態みたい)。
例えば
"この声はかのならず者の声のようだ"(下部掲載画像の黄色い部分)
という一節。
"ならず者"、とはその前に言及されていた人物を指すのかそれとも全くの別人を指すのか…
確実にこれと示す証拠がないので特定ができないため、読者の想像力が制限されません。
実に伸びやかに読者の私たちは想像の羽を思惑の樹海に羽ばたかせることができるのです。
解釈の幅が広いというのは一見とても厄介ですが、受け手にとっては快適なものです

ちなみに最近学習したガザルと日本語訳を以下に紹介致します。私の拙い筆致で詩の品格を落としてしまい申し訳ないですが



[訳]鈴木教授の訳より引用

わが生は泡沫のごとく
この世またあかげろうのごとし
彼の人が唇 えもいわれず
薔薇が花びらにも似たり
彼の人が 戸口訪うことしばし
今やわが身に安らぎのなし
わが想いの届かむせんなく
放浪人が声 空しく響く
ミールよ 彼の人が半眼は
酔いたるがごと 抗うあたわず

(注意)
・"彼の人"の読みは かのひと です
・助詞の"が"が 連体格 の働きをしています


本当にこれまでは詩なんて好きでもなんともなかったんですけど、(実際百人一首の暗記を憎悪していました)今は『サラダ記念日』(詩集)読もうかな何て本気で考えてて本当に自分自身ビックリです。

後期に色々とやりたい学問をじっくり考えてみます。せっかく時間もあるので…(にやり)

ゼミ選択も目前に迫っています。私は担当教員をもう決めてしまっていて悩むことは全くありませんのでのほほんとしていますが、まだ決まっていない同胞はなかなか悩んでいます。

今日はその担当教員の先生にインド留学について相談をしてみました。
すると、前向きな答えが返ってきてヤル気がむくむくわいています。
知れば知るほど楽しくなる、という教授の言葉は重みがあります。

さて、

私は実は幼稚園の頃から高校生までずっと書道をやって来ました。

いきなりなんだッて感じですね。

実は、インドでアラビア書道を習おうかと思っています。せっかくウルドゥー語を学んでいるのでその文字も上手にかけたらいいなと思って…

アラビア文字は本当に美しいです。ウルドゥー語は知らずとも文字の美しさに惹かれてこの言語を選択したほどですので、やはり文字に対する思いはひとしおです。

インド留学までに目標、やりたいこと、を一杯みつけておきたいです。


<今日のウルドゥー語>
متالبہ m要求
* Category : 学校生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-10-08 (Tue)
さてこんばんは

涼しいけれどもまだ夏の名残の湿気た温風が空気の端端に存在感を漂わせていますね。

完全に衣替えとはまだいかなさそうです。でもそれもここ一、二週間で消えて十一月前にはぐっと冬らしくなるんですね

さて、私は現在小さな悩みを二つくらい抱え込んでしまいました(;O;)


①必要書類の中の自分の名前が書類によって異なる

・・・どういうことかというと、例えば日本語は「こう」という音はアルファベットで「ko」とも「kou」とも表記可能で、私の姓もまた然り。引っかからないでくれ(・。・;

②申請を考えているICCR奨学金のリストに先生から勧められたNational Museum Instituteがない

・・・とりあえずNMIには連絡を取ってみますがちょっと絶望的かも

③学園祭のためにやらなくてはならない仕事がたくさんある

・・・なんとかします笑


書き上げてみるともっとも大きな心配事は留学先の学校を絞れないところにあるようです。もう一度先生の所へ行って相談してみます。



話は変わりますが、

せっかく大学で語学を勉強しているので、これから自分のお気に入りのボリウッドソングをワード文書に形式化して日本語をつけていこうと決めました。
ヒンディー語やウルドゥー語のタイピングの練習にもなりますし…!

ということで私の頭の中にあるスキームは以下の通りです笑
・Dastan e om shanti om
・Dhum Tana
・Ankhon me teri
・In Ankho ki Masti
・Lo Chali Main
・Pardesi Pardesi Jana Nahi
・Criminal

とりあえず以上をワードにして何とか日本語訳をつけて頑張ってみようと思います。何のためにとは聞かないでくださいwとりあえずもしかしたら歌詞の内容を知りたいと言ってくれる人がどこかにいることを信じて…

とはいえこのブログにも準備が整い次第掲載していく所存ですのでお付き合いください

ああインドに行きたい~数日前に代々木公園でナマステインディアがあったのですが都合が合わず行けずじまいで残念でなりません。。
RIMG1412 (640x480)
いまだにこんな大道芸が…日本の判断基準から大きくそれたことがこの国では起こります。
RIMG1402 (480x640)
おそらく建設途中(崩壊途中?)の建物
RIMG1473 (640x480)

<今日のヒンディー語>
धुमपाल adj 非常に肥満の
* Category : 下準備
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-10-05 (Sat)
こんばんは!

秋も一段と深まりました。金木犀が香る季節に入りましたね。

涼しい、というかむしろ肌寒く、体調を崩される方も多いと思います。気をつけてください。

という私は今、バイト帰りです。小さな喫茶店で働いていて、ホールからレジ、キッチンまで任される予定です(まだ始めたばかり)。

それでもお金を扱う仕事ということで、オーダーを受ける時、レジを受け持つ時(まだ練習しかしていませんが)、間違えることはお店の信用を損なうことに繋がるのでできないという重大な責任感がのしかかります。
雨の日やお釣なしでぴったり払ってくれるお客さんには感謝してしまいます。

色々覚えることが多く、かつ立ち仕事になれていない私はには心身ともになかなかハードです(^o^;)

お客さんに文句をつけられたときにはもうタジタジでどうにも…汗
おまけに接客業特有の丁寧語の使い方も慣れていないので大変です。

舞台の裏側に立ってみてようやく接客というものがいかに大変なのか、そして汗水垂らしてお金を稼ぐということがわかってきました。

おまけに私はまだまだ未熟で自分の抱えた疲労を家族に撒き散らしてしまいます。

ダメだな~自分。自分自身をコントロールすらできないのに将来のプランをコントロールできるとは思えません。

頑張ります。
頑張ります。
* Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

ふつふつふ * by ユキ
ウルドゥーの先輩で留学していた方、ふたり存じていますよ!
同時期にインドにいたから。
そのうちのひとりは細密画で!美術を学んでいました。もしかしたら、今日本にいるかもしれない!!(海外で働いているけれど、帰国中かもしれません)
詳しい話しは会った時かメールで^^

バイトおきばりやす♪

個別記事の管理2013-10-03 (Thu)
こんばんは~
続けるといったら続けますよ~書き続けます。

今日は高校に問い合わせて卒業証明書と成績証明書の英文・和文のそれぞれ二部ずつ注文してきました(私の言い方が微妙で通じてなかったらどうしよう汗)
おそらく10月の終わり頃には発行できていることと思います。

とにかくこれで証明書等の確保は完了しました!!

あとこれからやらねばならぬものと言えば、留学志望書と推薦状の手配ですね笑。
どちらも英文の方も用意しなくてはならないのでこれは大学のネイティブスピーカー(英語)に協力を乞います。文法ミスや不自然な表現の修正お依頼するつもりです。

それから、application formに必須事項を記入すればいいはず…

よくわかりませんが(まだ)、動き始めて初めて留学準備してる感が出てきました。これまでは留学に求めるものやあ理想、目標など形而上的なことばっか書いていたので、具体的な書類請求が進む今はとても楽しいです。何だかゲームのステージをクリアしていく感じに書類を集めているので(。・ω・。)

また今日は留学について教授がお話をしてくれました。

端的に言うと、インド留学に大きな理想を求めるな、というもの。

ずいぶんとこれから留学を考えている人をがっかりさせる発言ですよね。そういう衣着せぬ言い方の方が気が引き締まりますが。
でも私は教授のおっしゃるような留学生活は送りませんよ。

だからこんなにも早くに奨学金応募の準備を始めているのですから。

今日、それとなく父がどこに留学にいくんだと聞いてきました。私は断固とした態度でインドに行って歴史を勉強すると言いました。
すると、、、

本当にいっているの、とびっくりしていましたが不思議と反対されませんでした。

なぜ欧米に留学しないのかと聞かれたときに、今の私は欧米の大学が提供してくれる膨大な情報を的確に咀嚼する能力がない、と将来的には欧米への留学も視野にいれているということも匂わせておきました、ちゃっかり

なんだか10月に入って忙しいですが、周りに流されずに着実に準備を進めていきたいと思います!

<今日のウルドゥー語>
سیاستدان m 政治家
* Category : ICCR奨学金申請完全マニュアル
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-10-02 (Wed)
お久しぶりです。長らくブログを放置してしまって大変申し訳なく思います

とうとう10月に突入しましたね! 毎日雨ばっかりでぐずぐずしていますがこの雨が終わると本格的な秋到来だと信じています

新しい季節は新しく何かにチャレンジしたくなったり、久々にジョギングを始めてみようかなと思いついたり、「変化」を求めてしまいませんか?

私も学校が始まって久々に友達と会って刺激を受け、何かしらに変化を求めたくなっています。…というつつ具体的には何もしていません(^_^;)

とりあえず今週は休息かなぁと笑
新学期・新しい時間割、新たな環境の変化に慣れるために体調を崩さないようにしたいです。

そしてとりあえず近況報告です(*^^*)
怒涛の一週間を乗り切りました

5日間にバイト6回、そしてTOEFLテスト受験。他にも色々あったんですけど、大きな過失なくハードスケジュールが無事終了しました。

TOEFLの感想といえば、体力勝負であったということですね。約4時間半のテストで休憩は1回10分きり。
リスニングは1回のみの放送ですし、リーディングもそんなにゆっくりと読んではいられない時間設定です。何よりも来場者順に試験を開始するので、こっちはまだリスニングテスト中なんだよっというときにお隣さんは大きな声でスピーキングテストに突入したり…(・。・;

一定量の英語力と集中力、そして周りを意識しすぎない図太さが必要だと思いました。ちなみに言えば、コンピューター受験なので一回目は操作に時間がとられてしまったというものもありました。
もし次回があるならばそこらへんもしっかり意識して高得点を狙っていきたいです。
特にスピーキングは自分の発話力のなさをいやでも感じてしまうほどこてんぱお手上げ状態だったので、頑張りたいです。

次回はIELTS試験にチャレンジしてみようかな…

←←!!!

そう、試験を受けて何の利益があるのか、と考えてしまいがちですが、私はその利益はここにあると思います。
単なる英語力証明のために受験しても、受験し終わったら少なくとも英語に対する姿勢が前進していて、もっと頑張ろうと思えるのです。
もう少し自分の力を試してみようと思えるのです。

私が試験を受ける理由は主にここにあって、受験をきっかけにポテンシャルを保てています。

さてと、今日は学校で成績証明書(和文・英文)、在学証明書(和文・英文)、健康診断書(和文)を入手してきました

この調子で忙しくないうちに必要書類をコツコツ集めていこうと思っています。明日は高校に問い合わせて在学証明書と成績証明書が和文・英文ともに発行できるか確認します

なんだかアクティブですね笑

でも10月前半はまだまだ忙しくはありません。暇なうちに事務手続きは終わらせておきたい所望です。

というのも・・・
10月中盤には国際会議に学生ボランティアとしてタイ大使を全力で一週間サポートしてきます。
11月上旬には兵庫県の祖父母に会って成人した姿を見せてきます。
11月後半には都内最長ともいわれる学祭があります。

そしてそれと並行して(もしくは12月に食い込んでしまうかな…)、事務手続きではない留学準備もしていかなくてはなりません。つまり、留学計画書の作成、推薦状の作成、両親に留学を納得させること。。英語書類は大学の英語の先生に添削を頼むつもりです。

ICCRの申し込み開始期間が1月末から始まるのでそううかうかしていられないんですね

そして、さらに!!!行きたい学校を絞らなくてはなりません。Delhi Univ.のカレッジを考えていますがインド人教授にはNational Museum Instituteという政府機関の準大学に相当する機関を推薦されています。

どちらにせよインドへの留学はまだまだマイナーですのでしっかり準備をして書類を揃えて完全な状態にしておきたいです。

とりあえずこのくらいで近況報告を終わりにします。もう少し投稿頻度を上げなくては~

<今日のウルドゥー語>
رفتہ رفتہ adv. 徐々に
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |