12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-08-18 (Mon)
こんにちは~

さて、リシュケシュ旅行について振り返って書いてみようと思います。



そもそもなぜリシュケシュに旅行に行くことになったのかというと、、、

電車のチケットを取ろうとしたらぎりぎりの予約すぎて、Waiting Listに入ってしまい、誰かがキャンセルしなければ座席の空きがなかったためです。

電車が無理ならバス、バスなら距離も限られてしまう。その結果、比較的デリーから近い観光地であるリシュケシュに行こうと友人たちと話し合いに話し合いを重ねた結果、なりました。

二年前にもリシュケシュに入ったことがあったのですが、二年前と今回言ったリシュケシュ、何か違いがあったかと聞かれるとなかなか答えにくいです。
というのも、二年前はリシュケシュに行ったものの滞在先はハリドワールであったため、実質的にはそんなに記憶が鮮明ではなかったためです。



まあそれは置いといて、バスですが、バスもなかなか辛いものがあります
デリーからはバスで8時間ほどなのですが、行きのバスは壮絶でした・・・
ぼろぼろのバスで、発着予定時刻から30分遅れで到着、しかも、乗り心地は

水も飲めないほど揺れる揺れる。水を飲もうとすると顔にかかるという。
おまけに後半は大雨になり、窓の隙間から雨漏りが始まり、座れない状況に。。。下りるころには私の座席には水たまりができていました
二回、トイレ休憩がありましたがそのうち一回はなんと女性は野外!!!(もちろんしませんでした)

そんな感じでバスの中は揺れるわ濡れそぼるわでなんだかとってもワイルドでした。

そして朝5時半にリシュケシュに着くと、日本の台風もびっくりの大雨。というよりも膝までつかる洪水。しかしバス会社の職員は容赦ありません。はやくおりろーーーーッと叫んで乗客を追い出してすぐに帰っていきました。




早朝でボンヤリとさえない頭の中、横殴りの雨に襲われ、かなりテンション下がりました、それでもなんとかトゥクトゥクを法外な値段で捕まえ(リシュケシュにはリクシャーはありません)、滞在先まで。



余りの雨でしばらくホテルで休んでいましたが、なにせ若い私たちはいかに外で雨が降ろうとも、屋内でくすぶっている忍耐力はありません笑
しばらくして、洪水の町内観光へ繰り出しました。



第一関門はまずホテルの目の前を流れる小川。。そこでもうびちょびちょで挫けそうになりましたが、それでもインドでこんなに雨が降るということに新鮮に驚きながら歩みを進めました。



雨が降ったからか、ここがもともとそういう気候なのかはわかりませんが、デリーと異なりリシュケシュは太陽の光も強くなく、ガンジス河から吹き抜ける少し冷たいまでの風が、波の音を運んできます。夜もお湯がないとシャワーが浴びられません。(あ、そういえば、インドに来て初めてお湯のシャワーを浴びました)



すごすぎる雨のおかげか、道を歩いている人もほとんどおらず、洪水の中をばしゃばしゃと進み、帰り際にはヨガにチャレンジしました。川に面した阿修羅無で、静かな気持ちで、川の音を聞きながら、痛がりながらヨガをやっていると、一瞬ですが夕日が雲の間から顔をだし、川面を柔らかな臙脂色で染めました。



翌日は朝からヨガレッスンに行く予定でしたが、朝散歩に予定変更で川のほとりを歩きました。相変わらずガンジス川の水流は高く、二年前は澄み切った深緑の美しい川の流れがこの日も茶色の濁流でしたがそれでも太陽が顔をだし、少しインドらしく気温が上がりました。
朝、ふらりと入った本屋でWilliam DalrympleのWhite Mughalという本を見つけてしまい、即購入してしまいました(デリーでも買える・・)、それでもずっと読みたかった本を見つけて本当に嬉しくなってしまいました。



朝ご飯は桟橋を見下ろす小高いカフェで過ごし、そのあとBeatlesが訪れたという有名な阿修羅無に行こうとしましたが、洪水のため道がふさがっており断念。
その道中に数えきれない数の寺院があり、何回か立ち寄ってゆっくり時間を過ごしました。
帰りにはアーユルヴェーダマッサージに挑戦(ヘッドのみ)。感想は・・・・・・

私でもできる←←

すいません笑 おそらく本格的なところではなかったのでしょう、本当にただのマッサージといった感じで、頭に油を大量にかぶって行われるものを予想していた割には普通のマッサージでした。



そして夜はインドの食堂らしいところでご飯を食べました。突然の停電に離れていますが、洪水の影響もあり、リシュケシュの町全体的に停電が頻発でした。真っ暗の中の食事はなかなか…味気ない




さらに翌日は、朝7時半から一時間強モーニングレッスンに参加し、その後Lakshman Jhulaという桟橋(1939年建設、ラーマーヤナの中の登場人物でRamaの兄弟のLakshmanaがこの橋のあたりでガンジスを渡ったそうです)のそばにあるShri Trayanbakshwar Mandirを観光しました。13階建ての大きな寺院で各部屋にHindu Gods/Goddessesが祭られていて、その目の前に掛かっている鐘をチリンと鳴らして上まで登ります。100個くらい部屋があったような気がします。。







そして、最後にお土産店を回って、その夜にバスでリシュケシュを出発、朝3時30分にデリーに着きました。

このようにリシュケシュ旅行4日間は過ぎ去っていきました。停電、洪水、雨漏り、、、アクシデントは多かったものの、インドに来て、初めてデリーから出てみて、インドの空気はこんなにもおいしいのかと胸を撫でおろしました。





デリーの空気は世界で一番と言われるほどに汚れきっています。一部の研究によると、デリーに住んでいる人の肺はヘビースモーカの肺と同じくらいよごれているのだとか。。



また、旅行で友人と過ごす時間が長かったことで、同じインドで勉強する日本人同士絆が深まったように感じますとても。私は一人だったら旅行はしないので、友人たちが引っ張ってくれたことにも感謝しています。
ここ最近ずっと体調がすぐれず、気持ち的にも内向的になっていたのですが、



リシュケシュの霧のかかった深緑の森と、夜空の下きらめくガンジス川の川面とそのせせらぎ、ハッと驚くほど冷たい水、そのような自然に触れることでかなりリフレッシュできました(ヨガのため全身筋肉痛ですが)。



次回はヒンディー語の圏外の場所に旅行に行きたいです。






スポンサーサイト
* Category : 旅行
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-08-18 (Mon)
जादू तेरी नज़र 魔法、お前の眼差し



जादू तेरी नजर, खुशबु तेरा बदन – (2)
جادو تیری نظر، خوشبو تیرا بدن (۲)
jadoo teri nazar lhushbu tera badan
魔法、お前の眼差し 芳香、お前の身体

तू हाँ कर या ना कर, तू है मेरी किरण
تو ہاں کر یا نہ کر، تو ہے میری کرن
to hankar ya noar tu haim meri kiran
お前が肯こうが肯くまいが、お前はおれのキラン(女優の名前)だ

जादू तेरी नजर, खुशबु तेरा बदन
جادو تیری نظر، خوشبو تیرا بدن
jadoo teri nazar hushbu tera badan
魔法、お前の眼差し 芳香、お前の身体

तू हाँ कर या ना कर, तू है मेरी किरण
تو ہاں کر یا نہ کر، تو ہے میری کرن
tu hankar ya nokar tu hai meri kiran
お前が肯こうが肯くまいが、お前はおれのキランだ

तू है मेरी किरण
تو ہے میری کرن
tu hai meri kiran
お前はおれのおキランだ

(मेरे ख्वाबो की तस्वीर है तू बेखबर मेरी तक़दीर है तू ) – (2)
میرے خوابوں کی تصویر ہے تو بےخبر میری تقدیر ہے تو (۲)
mere lhabon ki tasvir hai tu bekhabar meri taqdir hai tu
お前はおれのの理想像だ 知らないかもしれないがお前はおれの運命の相手だ

तू किसी और की हो ना जाना
تو کسی اور کی ہو نہ جانا
tu kisi ki aur ho na jana
他の奴の女になってくれるな

कुछ भी कर जाऊंगा मैं दीवाना
کچھ بھی جاؤں گا میں دیوانہ
kush bhi karunga mai diwana
何だってやってやる お前のとりこだから

तू हाँ कर या ना कर, तू है मेरी किरण
تو ہاں کر یا نہ کر، تو ہے میری کرن
tu hankar ya nokar tu hai meri kiran
お前が肯こうが肯くまいが、お前はおれのキランだ

तू है मेरी किरण
تو ہے میری کرن
tu hai meri kiran
お前はおれのキランだ

(फासले और कम हो रहे हैं दूर से पास हम हो रहे हैं ) – (2)
فاصلے اور کم ہو رہے ہیں دور سے پاس ہو رہے ہیں (۲)
fasle aur kam ho rhe hain dur se pas ho rhe hain
距離が狭まっている 遠くからだんだん近く

मांग लूँगा तुझे असमान से
مانگ لوں گا تجھے آسمان سے
mang lunga tujhe asman se
大空にお前を乞おう

छीन लूँगा तुझे इस जहाँ से
چھین لوں گا تجھے اس جہان سے
chin lunga tujhe is jahan se
この世界からお前を攫おう

तू हाँ कर या ना कर, तू है मेरी किरण
تو ہاں کر یا نہ کر، تو ہے میری کرن
tu hankar ya nokar tu hai meri kiran
お前が肯こうが肯くまいが、お前はおれのキランだ

तू है मेरी किरण
تو ہے میری کرن
tu hai meri kiran
お前はおれのキランだ


こんにちは~お久しぶりです!
今日は朝3時半にニューデリーにつきました…

実は友人と二泊四日でRishkeshというデリーよりも更に北の、ガンジス河の美しい観光地に行っていました。

とはいってもものすごい雨に見舞われ、半ば洪水の中、果敢に若さをフル活用して乗り切ったという感じです。
ニュースによると、RishkeshのあるMadhyapradeh州では洪水による死者が50人を超えたそうです・・・
そんななか観光をしていたなんて・・観光中にも救助ヘリが空を飛んでいました。
この旅行ではどのように旅行をすればいいのか、かなり学べることも多かったのでまた詳しく書こうと思います・

さて、この歌は、Rishkesh観光中に私が鼻歌で歌っていたら隣のオッチャンもいきなり歌いだした(!!!)ので面白くなって取り上げてみました。

映画DARR(恐怖)(1993)という映画の中の歌です。この映画では、まあ歌詞の気持ち悪さからも大体予想がつくのですが、ストーカー男が主人公の映画です。主人公の女性(キランさん)が好きで好きで、彼女にはフィアンセが居るのにそんなの関係ねぇっというガッツで彼女に迫っていく映画です。ある意味ホラー。

私は個人的に80年代90年代のボリウッド映画が好きです。ストーリーラインも明快で分かりやすいですし、話し方も美しい気がします。

<今日のヒンディー語>
झिलमिलाना v カチカチ光る
* Category : 映画ソング集
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-08-12 (Tue)
सिलसिला यह चाहत का, ना मैंने बुझने दिया
絶やさなかった、この恋の鎖




मौसम ने ली अंगडाई, लहराके बरखा फिर छाई
موسم نے لی انگڑایٔ، لہرا کہ برکھا پھر چھایٔ
mosam ne li angrai lehrake barkha phir ai
天気がぐずついていた、波紋のように雨が覆った

झोंका हवा का आयेगा, और यह दिया बुझ जायेगा
جھونکا ہوا کا آۓ گا، اور یہ دیا بجھ جاۓ گا
jhonka hawa ka aega aur ye diya bujhaega
突風が今にも押し寄せ、そしてこの灯は消えてしまうだろう

सिलसिला यह चाहत का, ना मैंने बुझने दिया
سلسلہ یہ چاہت کا، نہ میں نے بجھنے دیا
silsila ye chahat ka na maine bujhne diya
私は恋の鎖を絶やさせなかった

ओ पिया, ये दिया ना बुझा हैं, ना बुझेगा मेरी चाहत का दिया
او پیا، یہ دیا، نہ بجھا ہے، نہ بجھےگا میری چاہت کا دیا
o piya ye diya na bujha hai na bujhega meri chahat ka diya
あぁ愛しい人よ、絶えていない、絶えるまい、私の恋の灯

मेरे पिया अब आजा रे मेरे पिया
میرے پیا آ جا میرے پیا
mere oiya ab aja re mere piya
愛しい人よ、おいで、愛しい人

इस दिये संग जल रहा मेरा रोम रोम और जिया
اس دیے سنگ جل رہا میرا روم روم اور جیا
is diye sang jal rha mera rom rom rom aur jiya
この灯で身体と魂、ともに燃える

फासला था दूरी थी, था जुदाई का आलम
فاصلہ تھا دوری تھی، تھا جدایٔ کا عالم
fasla tha duri thi tha judai ka alam
距離があった、隔たりがあった、別離の世界

इंतजार में नजरें थी, और तुम वहा थे
انتظار میں نظریں تھییں، اور تم وہاں تھے
intizar men nazre thi aur tum waha the
待ちながら目を凝らしていた、お前はそこにいた

झिलमिलाते जगमगाते खुशियों में झुमकर
جھلملاتے جگمگاتے خوشیوں میں جھوم کر
jhilmilate jagmagate khushiyo me jumkar
ちかちかぴかぴか光る喜びに揺れながら

और यहाँ जल रहे थे हम
اور یہاں جل رہے تھے ہم
aur yaha jal rhe the ham
私はここで燃えていた

फिर से बादल गरजा हैं, गरज गरज के बरसा हैं
پھر سے بادل گرجا ہیں، گرج گرج کہ برسا ہیں
phir se badal garja hain garj garj ke barsa hain
再び雲が轟いた、ごおごおと雨が降った

घूम के तूफान आया हैं पर तुझ को बुझा नहीं पाया हैं
گھوم کہ طوفان آیا ہیں پر تجھ کو بجھا نہیں پایا ہیں
ghum ke tufan aya hai par tujh ko bujha nahi paya hain
彷徨いながら台風がやってきた、しかしお前を消すことはできなかった

ओ पिया, यह दिया चाहे जितना सताये तुझे यह सावन यह हवा और यह बिजलीयाँ
او پیا، یہ دیا چاہے جتنا ستاۓ تجھے یہ ساون یہ ہوا اور یہ بجلیاں
o piya ye diya chahe jitna satae tujhe ye sawan ye hawa aur ye bijliya
あぁ愛しい人よ、この灯よ、いかにこの雨がお前を苛もうともこの風この雷

मेरे पिया अब आजा रे मेरे पिया
میرے پیا اب آ جا رے میرے پیا
oere piya ab a ja re mere piya
愛しい人よ、おいで、愛しい人

देखो ये पगली दिवानी, दुनिया से है यह अंजानी
دیکھو یہ پاگلی دیوانی، دنیا سے ہیں یہ انجانی
dekho ye pagli diwani duniya se ye anjani
このいかれた、気の狂った者、彼女は世の中を知らない

झोंका हवा का आयेगा और इस का पिया संग लायेगा
جھونکا ہوا کا آۓگا اور اس کا پیا سنگ لاۓگا
jhonka hawa ka aega aur is ka piya sang laega
突風が今にも押し寄せ、そしてこの灯は消えてしまうだろう

सिलसिला यह चाहत का ना दिल से बुझने दिया
سلسلہ یہ چاہت کا نہ دل سے بجھنے دیا
silsila ye chahat ka na dilse bujha diya
私は恋の鎖を心から消させなかった


こんばんは!久しぶりのボリウッドソング投稿です、まあ少し生活基盤が確立したのでこういう趣味をちょろちょろと復活していこうと思っています。これはDEVDASという映画の曲です。はぁうっとり

最近ひしひしと感じるのは、やはりインドにいてもヒンディー語も英語も伸びません。ただぐうたらしているだけでは・・・
学びたい言語環境にあるということに甘んじないで学習を続ければこその留学生活ですからね!

最近再び病床に伏しておりました。チベット料理で豚肉を食べ、その豚が人生で食べた肉の中で最もふやふにゃしたどうも触感のおかしな肉だったのですが、翌日ビンゴ!、お腹が真ん丸に腫れ上がって動くのも億劫に…おまけに発熱で平熱より二度近く上昇しました。

完治するまでに三日かかるという・・・インドで外食していい思い出ありません。本当に

それでは近況報告はまた近いうちに失礼します!

<今日のヒンディー語>
आविष्कार m 発明
* Category : 映画ソング集
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-08-01 (Fri)
こんばんは~

インドでは今 पौने सात बजे (7引く4分の1、つまり6時45分)です。
日本との時差は साढ़े तीन घंटे (3と2分の1、つまり3時間半)です。



3時間半って意外と長くて、お昼寝して起きて家族とSkypeしよっと思えば家族はもう夕食を食べている、、、そのくらいに時差があります。

そして、インドでは1日が、日本にいた時よりもゆっくり流れているような気がします。毎日やることがあるんですけれど、とにかく暑い、、何をやるにも一苦労なので動きも緩慢に、時間の流れも緩やかに、、、なるのでしょうか。



昨日、念願のガスが家に届き、その興奮で夜眠れず、朝6時からキッチンの大掃除に取り掛かりました。



頑固な油汚れ(どこかで聞いたことのあるフレーズ笑)を雑巾でタイル一つひとつごしごしと拭いて、お皿を洗って、香辛料と豆を整理して、、、としていたら3時間経過していました

それから街に繰り出して、食料品を揃えようとしたのですが、あまりのうだる暑さに自分で歩くのをあきらめ、サイクリクシャ(人力自転車)で近所のスーパーまで。



そういえば、昼前からお昼にかけて日が高く上るころは路上にあまり人を見かけません。歩いている人すらいないのです。。みんな暑いので家の中にこもっています。したの写真は、イードというお祭りの日だったので、、少し特例ですね。



近所のスーパーでは、火が使えるということでレトルト食品と卵!!! を6個購入しました。
卵6個で50円くらいです。

なぜ卵にこんなにも興奮しているのかというと、インドについて以来、卵を食べていなかったためです

最初の2週間はそれこそ冷蔵庫もない環境だったので、食べられるものが限られていました・食パンとジャム、など(;O;) 食パンも3日以内に食べきらないとカビがわきました。さて食べよ、とした瞬間にアオカビを食パン一面に見出した時の驚愕は忘れられません。

やがて冷蔵庫がやってくると、冷蔵の効く食品を食べることができるようになりました。冷え冷えのキュウリ、冷え冷えのお水、ヨーグルト、そしてパンも保存ができるので3日以内に食べきらなければならないという義務感からも解放されました笑。



毎日ガスのことを思い、毎日タンパク質を摂取することを夢に見(大袈裟です)、毎日ガスが来るのを心待ちにしていたので、ガスボンベをキッチンに見つけた時は、あまりの嬉しさにルームメイトのMariyam chanにラブメールをしてしまいました。

インドに来て、食べ物って大事だなぁと改めて気づかされました。インドでは体重計がありません。体重を知りたいのなら、街を歩けば体重測り屋さんがいるのでその人に測ってもらいましょう笑
というわけなので、体重は分かりませんが、インドについてから私は多分2,3キロは減りました。
バランスのとれた食事ができること、そんな当たり前のことでも、調理できる環境を揃えるとはこんなにも大変なのかと、日本の家々の美しいキッチンに思いを馳せて、ああぁここでも当たり前だと思っていた像が崩されたな、、、と実感しました。

ちなみに、インドのキッチンガス、、、かなり原始的です。
今日はノリノリで初調理を楽しんでいたのですが、2回発火しました

冗談ではありません。かなり焦りました。
胡瓜ककडीを洗っていたらいきなり後ろでゴォオオッという音がして、振り向いたら火がなんとコンロからではなく、火の強さを調節するツマミの部分から噴き出してました

焦りまくった私は、口でフーフー攻撃をしました(振り返ってみるとバカみたい…)。
でも何とか火は消えたのですが、私の胸に深い傷を刻んでくれました。

そして今日の昼ごはんは、インドに来て初めて、自分で調理した、外食でない、既製品でないご飯を食べました(レトルトですが)!!! बिरयानीビルヤーニ―というインド風炊き込みご飯です、しかもエビ入り!
ビリヤニは、自分で作ろうと思ったら、一日では終わりません。前日からコメを水に浸したり、香辛料を揃えたり、、とにかく手間がかかります。インドでもビリヤニは高級料理の一つに含まれています。

じゃーん!ありがとうレトルト!



食べ物の話と言えば、前回も書きましたがインドは本当にフルーツ王国です。
マンゴーआमおいしい、バナナकेलाおいしい、パパイヤपपीताおいしい、りんごसेब青りんごबब्बूगोशパサパサ、ザクロअनार食べにくいけどおいしい、、、



友人からは秋になるとグァバअमरूदやブドウअंगूरが手に入ると言われ、待ち遠しいです
マンゴーは1キロ単位で購入しています。それでも70円ほど。パパイヤは少し大きいのですが、これも100円しないくらいです。

マンゴーは毎日食べています。瑞々しいですし、あまくてとってもおいしいので
毎日食べるあまり、カッティングもかなり上達しましたヽ(^o^)丿



今日はパパイヤを購入してみました。ホテルでしか食べたことがなかったので、自分でトライです!



町を歩いていると、プルーンआलूचाのような、ナツメヤシ(デーツ) खजूर छुहाराと思われるような濃紫色の細長いフルーツを見かけます。あれはなんなんでしょう・・・謎です。分かりしだい報告します。
あれだけは、未知すぎて、しかも蚊よけの煙が臭くて(フルーツや野菜、レモンジュースशिकंजी 、屋台では蚊取り線香っぽいものを焚いているのですが、何とも言えない煙の臭いで少し苦手です)近づきがたいです。

私の胃はまだまだイノセントで、屋外で作られている食べ物を食べるとすぐにお腹を壊します。三日前、イードعيد الفطر というイスラーム教の断食月最終日に行われるお祭りのため、インドは祝日だったのですが、性懲りもなく私はお祭り気分に浮かされてついつい屋外で作られている揚げ物の芳香に誘われ、揚げパン揚げパイ?とにかく中に香辛料とジャガイモを練り込んだ具材が入ったスナックकचोडीを購入して、食べまてしまいました。



そして翌日、、食欲なく、終日お腹はゴロゴロ、それからの下痢に見舞われ、懲りました 前回のように寝込むことはありませんでしたが、お腹を壊すと生活に支障をきたすのでこれからは汚い油を使ったものは食べないようにします。

二回目の下痢は、ヤクルト君のお陰でかなり助かりました!



飲み物関連で言うと、この飲み物は南アジア全土で有名な飲み物です。Rooh Afza。すっごいピンクですが、これは、自然の色らしいです。味は、簡単に言えば、バラのようなハチミツのようなシロップ(शरबतシャルバットと言います)を水に希釈して飲みます。もともとは薬用だったらしく、その名の通り、魂を元気づける飲み物です。
甘いですが、日本人は少し薄めに作れば案外美味しくいただけます。



以下に何枚か写真をあげておきます。まずはスターバックス。カフェの中でもかなり高級店の部類に属し、客層も観光客、おしゃれなカップル、糊のきいたスーツを着込んだビジネスマンなど、、、



街並み(イード前)。パスタみたいのはイードで食べる麺です(سویاں シワイヤーンといいます)、日本と違って甘いミルクに漬けて食べます。イードが「甘いイード میٹھی عید」と呼ばれる所以です。





<今日のウルドゥー語>
تاجر m 商人

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。