12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-07-09 (Sat)
コーヒーを片手に話に花を咲かせる・・

この言葉がしっくりくるようになった今日この頃です。
お腹が減っているわけでも、喉が渇いているわけでもない。
ただ、目の前の相手と自分の間の空間に、静かに存在感を消しながら、それでも拭い去れない芳ばしい香りを漂わせて’アル’。その無視できない小さな温もりが、いかに心強いことでしょう。

Over a cup of coffee and engaged in chatting..

The phrase comes to make some sense these days.
You just have it even if you're neither that weary nor in a severe thirst.
How it makes you feel assured, when it 'exists' between speakers, keeping silent, pushing off its trace of existence at best, yet ended up to fail muffling its roasted, inexplicably alluring aroma.
How it makes you feel so strong when it's just there with impressive yet humble warmth.

101712-coffee-working-cafes-nyc-1.jpg

<今日の英語>
hydrangea 紫陽花
スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (3) * Trackback : (0) * |

* by K
ブログ読ませていただきました。考えさせられるものが多く、また僕もデリーに留学しているため共感できるものも多かったです。更新楽しみにしています。

承認待ちコメント * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

コメント







管理者にだけ表示を許可する