12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-07-29 (Sat)
 こんばんは。こちらは夕方からねずみ色の厚い雲が空を覆い始め、またしばらく経つと大粒の雨を降らす天気になりました。夜は更けていないのに雨が降り続ける、夕日のない夕方、、。なんだか胸がざわつくような不安な空模様です。夜になってしまえば単調な雨音が心を癒すのですが。

 午前中はダラダラと横になったりしながら江國香織の「号泣する準備はできていた」を読了しました。かつて読んだことのある本を読み返すなど、今までの私はしてこなかったことでした。
それは多分、振り返るにはあまりにも若かったのと、読む冊数をこなすことの方が進んでいく実感があり、当時の私には有意義に思えたから。それでも私は23歳になって、三年間のインド生活を終えて、かつての自分ー中高生だった自分ーが一度手にして読み終えた本を次々に読み進めようと思っています。

41M1MD12CRL.jpg

 さらりと読み飛ばすにはあまりにも勿体無い、美しくサラサラした貴重な言葉の流れだと思いました。
同じく女性作家の村山由佳の美味しいコーヒーの入れ方シリーズはさらりと読み飛ばして物語の内容を追う方に要点を置いた読み方ができるのです、こちらはそうはいかない。20ページ弱の短編小説集で、物語自体に大きな動きはなく、むしろ、登場人物の心の動きに重点が置かれ、登場人物のプライドや、過去と今を生きる一人の人間としての生々しさ、問題を抱えながらも生きていかなくてはならない、傷を抱えながらも平生を装い生活していく健気さと強さ、そういった人間感情を地道に追いかけ綴った、そんな言葉の連なりにどうしようもない質量感がこもっていると感じてやまれませんでした。

 とても現実な物語たちだったと思います。そしてこれは中高生なんかに理解できる代物ではないな、とやや舌を巻いてしまいました。読み返す価値ありでした。今もひょっとしたら23歳の小娘になんかに理解できる代物でもないかもしれません。
もう少し私も泥臭く生きて、将来に投げやりになる瞬間、どうしても抜けられないような絶望を隠しながら、しかしそれに気づかない狡猾さを兼ね揃えられるようになるまで理解できないのかもしれません。二度、三度、何回読んでも掴めない小説かもしれません。


大人になったら理解出来るのでしょうか。



"Piano Man" by Billy Joel
It's nine o'clock on a Saturday
The regular crowd shuffles in
There's an old man sitting next to me
Making love to his tonic and gin

He says, "Son can you play me a memory
I'm not really sure how it goes
But it's sad and it's sweet
And I knew it complete
When I wore a younger man's clothes."

Sing us a song you're the piano man
Sing us a song tonight
Well we're all in the mood for a melody
And you've got us feeling alright

Now John at the bar is a friend of mine
He gets me my drinks for free
And he's quick with a joke or to light up your smoke
But there's someplace that he'd rather be

He says, "Bill, I believe this is killing me."
As a smile ran away from his face
"Well, I'm sure that I could be a movie star
If I could get out of this place."

Now Paul is a real estate novelist
Who never had time for a wife
And he's talking with Davy, who's still in the Navy
And probably will be for life

And the waitress is practicing politics
As the businessmen slowly get stoned
Yes they're sharing a drink they call "Loneliness"
But it's better than drinking alone

Sing us a song you're the piano man
Sing us a song tonight
Well we're all in the mood for a melody
And you've got us feeling alright

It's a pretty good crowd for a Saturday
And the manager gives me a smile
'Cause he knows that it's me they've been coming to see
To forget about life for a while

And the piano it sounds like a carnival
And the microphone smells like a beer
And they sit at the bar and put bread in my jar
And say, "Man, what are you doing here?"

Sing us a song you're the piano man
Sing us a song tonight
Well we're all in the mood for a melody
And you've got us feeling alright

 とあるバーのピアノ奏者にリクエストをする様々な客たち、彼らは様々な内なる葛藤を抱えながらも彼のピアノに酔いしれるために、同じ場所に集まっています。人間の世界はもしかしたら、一人一人が自身の問題と戦っているからこそ、深くて諦めきれない場所になるのかもしれません。
 私もくすぶってはいられません。早く自分の道を見つけ、今までの自分の経験を胸に前に進んでいかなくてはいけません。
スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する