FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-07-31 (Mon)
こんばんはー!

今日はいろんな本を買いました!Book-offで、そしてAmazon.jpで。
本を買うたびに私はワクワクでいてもたってもいられなくなります。早く読みたいのだけれど、どうしてもその買った本を前に恍惚としてしまいなかなか読み始められないのですが。以下が買った本です!

1第2図書係補佐 又吉直樹 (もう既に面白い!!彼のエッセイ。変人なのか天才なのか。本のセレクトも良い)
2いくつもの週末 江國香織 (だって江國さんが自らの結婚生活を語るんですよ)
3岬 中上健次 (エイミー(すいません、敬愛の念とともに。山田詠美さんのことです)が薦めるから)
4バンド・オブ・ザ・ナイト 5しりとりエッセイ 6恋は底ぢから 中島らも (我が人生のカリスマ的アイコンです)
7、8ノルウェイの森 村上春樹 (ミーハーな理由から。。一度は読んでおかなくちゃって)
9陰翳礼讃 谷崎潤一郎 (食通ですから。あとなんだかんだで谷崎文学には惹かれるところが多い)
10思い出トランプ 向田邦子 (親友がゴリ押しだから)
11ゲルマニウムの夜 花村萬月 (江國さんが薦めるから)
12ヴィヨンの妻 太宰治 (親愛なる先輩も又吉も読んでるから)
13センセイの鞄 川上弘美 (友人が薦めるから)

14ほっぺた落とし、う、うまい 嵐山光三郎 (彼の前妻との離婚原因の一つが豆腐の食べ方にあったって、、こりゃ本物の美食家だ)
15金曜日の別荘 アルべルト・モラヴィア (江國さんが確か他人の夫婦生活の覗き見って言ってた)
16蛙たちが死んだ夏 デブラ・スパーク (江國さんが薦めたから)
17悲しみよこんにちは フランソワーズ・サガン (著者が魅力的すぎる)
18愛の生活 金井美恵子 (エイミーが推してたから)

結構買ってますねー!八月は読書に困らなさそうです!
もちろん洋書も、日本語の本よりは数は少ないですが読みますよ〜
Fountainhead by Ayn Randは読み終わらしたいなぁなんてぼんやり思っています。というのも、この本を私に送ってくれたモンゴル人の友人が9月末になんと来日予定なのです。あと二ヶ月もある!!いける!!普通に1日あたり読まないページ数を計算したら9ページ。たったの!!頑張って読み終わらせようと今、決めました(笑)

明日からとうとう8月突入ですね。
8月に日本で過ごすーこれはここ三年間で初めての試みなので多少緊張しています。
蝉の音、じっとりとした暑さ(汗はかくがたいして暑いとは思わない)、夏祭りの予感、晩夏の寂しさ、そういったものすべてが詰まった8月、私の誕生月でもあります(コソッ)。
これから9月、10月と、三年間離れていた日本での秋、冬、そして春、つまりは日本の四季を経験していくーそれがとても不思議でなりません。
むしろ私には三回繰り返してきた湿気と泥のインドの雨季の方が、いつまでもダラダラと続く残暑、急速に気温の落ちる埃っぽい濃霧の方が記憶に新しいからです。
日本の晩夏の金木犀のほのかだが凛とした強い匂いが、落ち葉舞う寂しい秋が、身を縮めても骨の髄から凍える冬が、今から楽しみです。

7月はなんだか落ち込んでいましたが心機一転、明日からはとうとう一番暑く燃える8月!楽しくいくぞ〜
スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (5) * Trackback : (0) * |

* by 高2男子
現在高校2年生の男子です。プネー大学への学部留学を考えているのですが、英語は入学するまでにある程度話せないと厳しいですか?

* by युरि yuri
コメントありがとうございます。
結論から言うと、英語で自分の意見やしたいことが発信でき、かつ相手のことを理解できる英語能力は必須です。
そして、必須なだけでなく、それは最低限必要なスキルであると言わせてください。つまり、英語ができることが前提でなければ何もできないということです。
ただ、英語ネイティブスピーカーのように、あるいは日本語のようなレベルが必要なわけではありませんが、自分が相手を、相手が自分を誤解しないよう、されないよう、外国人として身につけなければならない最低限どの条件であることは間違いないです。
そして、言語面で言うと、ヒンディー語とマラーティー語(プネーの場合)の知識があればさらに留学生活は充実するかと思いますが、まずは何より英語です。
上から目線になってしまい申し訳ございませんが、留学に向けて頑張ってください!応援しいています^^

* by 高2男子
返信ありがとうございます!
また質問してしまって恐縮なのですが、TOEFLやIELTSなど留学に当たって必要なスコアは提示されている思うんですけど、そのスコアギリギリだとかなり厳しいですか?
また、僕も今年バンガロールに1ヶ月だけいたのでインドの訛りはわかっていると思うんですけど、プネーは英語の訛りなどありますか?
何度も質問してしまい申し訳無いです(◞‸◟)

高2男子さん * by युरि yuri
私は正直ペーパーの試験(たとえスピーキングテストがあったとしても)で語学力が計れるとは思っていないので、
点数以上に自分の中でゴールを設定せずに常に前進で勉強を続けることが言語能力の上達の鍵かと思っています。
いえいえ、質問してくださってありがとうございます。久しぶりにブログに帰ってくる機会になりましたし、何しろこういう形で少しでも他者様のお力になれていると思うと感無量です。

ちなみに、インド人の英語能力は一概にはいえませんが、プネーで特に社会科学系を学ぶ学生たちは高校生のうちから何冊も小説、教科書、といった本を英語で読破しています。それは教育のシステムの違いから日本の高校生の英語に触れる時間と比べると膨大な格差です。大学留学してで彼らと肩を並べて勉強するということは、、想像できますよね・・;
簡単な例でしたが、何かアドバイスになっていると嬉しいです。

承認待ちコメント * by -

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。