123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2013-10-09 (Wed)
こんばんは~。

最近毎日が忙しいですが授業も楽しく、充実しています。

授業の内容が理解できて、自分の中に整理整頓されて収められる感覚はは何とも心地よいです。

受講授業数がかなり少ないからかもしれません笑
週休三日(土日含め)、かつお昼登校という何とも優雅な暮らしぶりです。

今取っている授業で楽しいものは、英語語彙論、文化・文学概論、ウルドゥー語詩(ガザル)の授業です。

ぶっちゃけ自分が文学向きだとは思っていませんでしたが、ソシュールの言語論や物語論、テクスト論などはとても興味がありますし、英単語の持つCollocationやIdiomに関するOpacityの問題は深く掘り起こすまでではありませんが少なくとももうちょっと知りたいです

そして、ガザル(ウルドゥー語の詩)の深淵な魅力に半ば引きずられている自分もいます。
まだ数回の授業でガザルの基本構造を学んだだけですが、色々と創造力を書き立てられる詩の内容で、自分流に詩を咀嚼して理解するのが何とも楽しいです(変態みたい)。
例えば
"この声はかのならず者の声のようだ"(下部掲載画像の黄色い部分)
という一節。
"ならず者"、とはその前に言及されていた人物を指すのかそれとも全くの別人を指すのか…
確実にこれと示す証拠がないので特定ができないため、読者の想像力が制限されません。
実に伸びやかに読者の私たちは想像の羽を思惑の樹海に羽ばたかせることができるのです。
解釈の幅が広いというのは一見とても厄介ですが、受け手にとっては快適なものです

ちなみに最近学習したガザルと日本語訳を以下に紹介致します。私の拙い筆致で詩の品格を落としてしまい申し訳ないですが



[訳]鈴木教授の訳より引用

わが生は泡沫のごとく
この世またあかげろうのごとし
彼の人が唇 えもいわれず
薔薇が花びらにも似たり
彼の人が 戸口訪うことしばし
今やわが身に安らぎのなし
わが想いの届かむせんなく
放浪人が声 空しく響く
ミールよ 彼の人が半眼は
酔いたるがごと 抗うあたわず

(注意)
・"彼の人"の読みは かのひと です
・助詞の"が"が 連体格 の働きをしています


本当にこれまでは詩なんて好きでもなんともなかったんですけど、(実際百人一首の暗記を憎悪していました)今は『サラダ記念日』(詩集)読もうかな何て本気で考えてて本当に自分自身ビックリです。

後期に色々とやりたい学問をじっくり考えてみます。せっかく時間もあるので…(にやり)

ゼミ選択も目前に迫っています。私は担当教員をもう決めてしまっていて悩むことは全くありませんのでのほほんとしていますが、まだ決まっていない同胞はなかなか悩んでいます。

今日はその担当教員の先生にインド留学について相談をしてみました。
すると、前向きな答えが返ってきてヤル気がむくむくわいています。
知れば知るほど楽しくなる、という教授の言葉は重みがあります。

さて、

私は実は幼稚園の頃から高校生までずっと書道をやって来ました。

いきなりなんだッて感じですね。

実は、インドでアラビア書道を習おうかと思っています。せっかくウルドゥー語を学んでいるのでその文字も上手にかけたらいいなと思って…

アラビア文字は本当に美しいです。ウルドゥー語は知らずとも文字の美しさに惹かれてこの言語を選択したほどですので、やはり文字に対する思いはひとしおです。

インド留学までに目標、やりたいこと、を一杯みつけておきたいです。


<今日のウルドゥー語>
متالبہ m要求
スポンサーサイト
* Category : 学校生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。