123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-02-09 (Sun)
和文英文共に作成が終わり、提出完了したのを機に、ICCR奨学金留学生申請に必要だった書類の説明&振り返りを行います。

これからインドに留学を希望する人やこの奨学金についてもっと知りたいという方への情報提供になることを願っています。

完全マニュアルと題した投稿第一弾では奨学金全体について、概略的な説明を行います。

まずこのICCRとは、Indian Council for Cutural Relationsの略で、インドの公的機関であり、国際的に文化交流に関する業務をインド代表で行っています。

この機関が日本でインド留学を希望する学生を募集するときはインド大使館と日本学生機構に業務を委託しています。

なのでこのICCRに募集しようと思ったら、インド大使館と学生支援機構に必要書類を提出します。

インド大使館に送る分はそのままインドにも送付されるのですべて英文、

学生支援機構に送る分はすべて和文、

と同じような内容の書類を英文和文の両方で用意しなくてはなりません。

提出書類に関しては学生支援機構のWEBページ「~年度インド政府奨学金留学生」というページが毎年1月中旬にアップされるものが一番詳しいです。インド大使館のWEBページにも奨学金について簡単に触れられています。

英文書類はいずれも正本一部、コピー五分が必要です。恐らく色んな部署に志願者の作成書類がチェックを受けることかなと考えられます。

それに対して和文書類は正本一部、コピー一部なので書類の準備総量としては俄然英文書類が多くなります。

具体的数値で言いますと、私(2014年度申請)の場合は

英文書類392枚


和文書類135枚


となりました。英文書類の方は茶封筒に入りきらず、書類入れを買いました(^o^;)

ICCR奨学金はとにかく集めなくてはならない書類の量が尋常ではありません。しかし、逆にそのハードルさえ乗り越えることができたら、あとは試験と面接だけで、ICCRに留学先との手続きを代理でやってもらえるのである意味ではmost accessible wayです。

そしてICCR奨学金申請の最大のメリット(私にとって)は実はここにあります。

もちろん奨学金、ですので月々の授業料、滞在費負担という恩恵が第一にありますが、日本人にとってはインドの物価は他の欧米諸国とは比べ物にならないほど安いです、実際。

一方で、インドの教育機関に日本から連絡を取ろうというのは非常に困難です笑

実際私も数人の現地の教務課(?)の様なところに問い合わせてみましたが、メールはことごとく無視されました。

つまり

インドの機関になにか申し込む場合はface-to-face、現地にいって直談判、というのが一番アナログですが手堅い方法なんです 

しかし、これは教授や知り合いから聞いたことなんですが、インドでの手続きは膠着状態にしばしば陥る、らしいです(インドビザセンターでもその名残を垣間見ましたw)。
この日にこれをやって~~、などという予定はことごとく台無しに…笑

ということで学校もあってそんなに不定期でインドに行くということが不可能な私は自力で私費留学生として現地の大学に直接申請を出すことを諦め、奨学金留学生という地位をもらって手続きを確実に行ってもらおう、と考えました。

ICCRには自分のいきたい大学の志望を第三志望まで書くことができます。必ずしも第一志望校に振り分けられる、というわけではないようですがそれでも一端奨学金留学生として認められるとほぼ百パーセント留学の実現が約束されるのです。

そしてお次は提出期限について。
これは2014年度の場合ですと1月中旬に学生支援機構のインド政府奨学金留学生のウェブサイトが更新され、書類提出期限が2/7(金)、試験面接が2/10(月)となっています。

ここにやや問題が

サイトがアップされてから書類提出までに一ヶ月も準備期間がない!(^o^;)(^o^;)(^o^;)(^o^;)

ということは、申請を考えている人はそれよりも前からの準備が必須です、つまり私の場合は2013年度の提出書類を参考に準備を進めていました。

特に高校での成績証明書や卒業証明書、健康診断の結果、パスポートの更新、など即日で完成できない書類もあるから要注意です
特に高校の頃の書類は10月の頭に当時の担任の先生に頼んで、12月の頭に受け取った…という悠に二ヶ月もかかりました_(^^;)ゞ

準備は用意周到にッ!

ということで今回はICCR奨学金の概略および心構えを書きました。次回は具体的な書類作成に踏み込んでいきます!

さてと、私は今から明日の試験勉強です!\(^o^)/
スポンサーサイト
* Category : ICCR奨学金申請完全マニュアル
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by zaki
どんなかんじで勉強しているんですか?
僕も2014年度に応募したものです:)

コメントありがとうございます! * by युरि yuri
> どんなかんじで勉強しているんですか?
> 僕も2014年度に応募したものです:)

コメントありがとうございます!今年は10人弱応募したらしいですよ(=^・・^=)
一緒に受かるべく頑張りましょう!!
…ノー勉です。。本番はいかに留学したいかという熱い気持ちを語ろうと考えています笑 とりあえず今抱えている大学のレポートが多すぎて、、、
とにかく頑張りましょう!!!

* by zaki
そうなんですか笑
意外といるんですね笑
こっちも学校の提出物に追われ、何も準備してないです、、、
ブログを少し拝見させていただいたのですが、jaisalmerに行ったことあるんですか??

* by युरि yuri
> そうなんですか笑
> 意外といるんですね笑
> こっちも学校の提出物に追われ、何も準備してないです、、、
> ブログを少し拝見させていただいたのですが、jaisalmerに行ったことあるんですか??

ジャイサルメールは本当に美しい町でした。田舎だったんですけど、そこがまた味があって私は好きでした。
三月に行ったのですが、そのときすでに干からびるような暑さでした。Thal 砂漠でラクダに乗って眺めた日没は個人的に人生で一番素敵な景色でした(^0_0^)

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。