123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-02-09 (Sun)
さあて第三弾!

私の記憶が鮮明なうちに記録として形に残しておきたい、かつそれがだれかのお役に立てたら、というただただその一心で筆を進めます


それではまずは英文書類に関して…


10. 英文出願書類一覧

英文出願書(※1) 2通
 →こちらはおそらく大使館で保管されるのではないかと私は踏んでいます(和文の方の出願書と全く形式が同じなため)。1通目は正本に写真を貼り、二通目はコピーに写真を貼ります(大使館に問い合せたので多分正しい)。写真添付については要項をよく読まれた方はお分かりになると思いますが、矛盾しています(笑)コピーの上から写真を貼る、というのが正しいようです。そしてこの書類はインド大使館まで取りに行く必要があります。
インド大使館は東京メトロ九段下駅2番出口を出て道なりに坂を上ったら見えてくる、とても近代的な美しい建物です。中に入るためには何か証明書が必要となります(学生証でOKでした)。そして門番はインド人なので英語を使いましょう。

ICCR所定用紙(※2) 6通
 →これは大使館に貰いに行ってもいいですがICCRのウェブサイトから取得可能です(アドレス前掲)。Click here to get the latest details about the scholarship schemes, including the Application Form and Scholarship Guidelines.というところをクリックすると
1. Application Form for Scholarships including Check List and Mission's Certificate
2. Physical Fitness Verification -- Proforma for Health Check-Up
3. General Instructions to Applicants
4. Financial Terms and Conditions
5. Guidelines to Indian Missions for Processing Applications
6. Website of the University Grants Commission of India for the List of Recognised Universities and Colleges
という表示がでますが
5は大使館用、6はあんま使えない、ということで1から4までをとりあえずコピーします。

1はアプリケーションフォームです。ここでどの大学で何を専攻したいかを書きます。私はデリー大学のノースキャンパスで、まで詳しく書きました(笑)

そして2は健康診断調査書です。これに関しては健康診断書、の以下の詳述したのでご覧下さい。

3は提出書類の説明だけではなく渡印後の様々なことまで(空港到着時の出迎え、や銀行口座の開設などなど)事細かいイントロダクションとなっています。書類提出段階ではまだ必要のない情報も含まれています。

4は支給額の明細です。確認までに。

研究計画書 6通
 →これはつまりはなぜインドで勉強したいのか、何をインドで勉強したいのか、その勉強は将来にどのように活かすことができるか、という留学希望理由を書きます。消極的な理由ではなく、こんなに勉強したいんだーーーっという熱い思いを語るといいと思います。

高等学校以上の学業成績証明書 各6通
高等学校以上の証明書を全て提出すること(語学学校、交換留学等の学業成績証明書は不要)

 →私は今大学二年生なので高校に成績証明書発行を卒業証明書とともに和文英文両方依頼しました。発行までにかなり、、2ヶ月弱かかったので早めに確保しておくべきです。一方大学の成績証明書は暗証番号を入れたら自動的に教務課で即時発行できました。

高等学校以上の卒業/修了(見込)証明書 各6通
 →私は大学を卒業していないので在学証明書を発行しました(これも即時に完了)。

高校、大学で履修した課程のシラバスやカリキュラム等の写し 6通
 →そして来ました(笑)これが英文提出書類の中で最も手ごわい強敵です最終学歴のシラバスでいいそうです。なので私は大学入学からの二年間で受けた授業の授業内容を全て英訳しました。全部で39枚でしたwそして受験生覚書、的なところ(ICCRウェブ)に記載がありましたがこのシラバス内容の写しの提出は、受験者がインドの教育機関でインド人と同等の教育経歴を有し教育課程を享受するにあたうるかを確認するものであり、この提出なしには申請は考慮されない、つまりこれが最も重要であるということだそう。

推薦状 各6通
開封無効。コピー5通も推薦者に依頼して、全てを一つの封筒に入れてもらい、提出すること。
学力及び人物について、大学教授等2名から書いてもらうこと。高等学校在籍者及び大学に進学していない者は、高等学校長及び担当教員から書いてもらうこと。形式は自由。
和文の推薦状を翻訳して使用する場合は、応募者以外の者による英文訳と翻訳者名を明記した用紙に推薦者自身の署名をもらい、和文推薦状のコピーとともに封入してもらい提出すること。

 →推薦状は以上のとおりかなり厳重です。教授の中には英文で書くのをためらう方もいらっしゃるので推薦書を書いてくださるような教授を探すのにまず一苦労です頑張って探してください。

健康診断書(ICCR所定用紙)(※3) 6通
 →近くの公的医療機関へ行って留学のための健康診断お願いしたいんですけどーといえばやってくれます。私は子供の頃からお馴染みの近所の小児科でやってもらいました。空腹時血糖値(痛かった)、胸部X線、尿検査を行いました。そして私はHIV検査も行いました(先輩が必要かもって言ってたので)。ここで大切なのはお医者さんのサインとハンコ。ハンコは大事です。ハンコの威力は半端ないです、多分。
ちなみに私は昨年インドに行った際に予防としてA型肝炎、B型肝炎、破傷風の予防接種を受けています。A型肝炎とB型肝炎は三回の注射で予防摂取完了となります。一回目の一ヶ月後に二回目、二回目の六ヶ月後に三回目、とこれも時間がかかるので計画的に受けておきましょう。資料の中でも予防接種の証明書を添付することができるならなおいいです。予防接種センターなど公的な機関では英語の証明書も発行しているので予防接種を受けたら必ず証明書は確保しておきましょう。

パスポートの写し(国籍の確認できる部分) 6通
奨学金希望給費期間内に有効であること。パスポートがない場合には、戸籍抄本を提出すること。


写真 9枚
1年以内に撮影したパスポートサイズの写真の裏にローマ字にて氏名を明記し、「1.英文出願書」に2枚、「2. ICCR所定用紙」に6枚貼付し、残り1枚はICCR所定用紙とともに提出すること。



※1※2※3※4※5:所定用紙は駐日インド大使館教育部に問い合わせること。(問合せ先は出願書類提出先参照)。また、※2※3についてはICCRのウェブサイトからダウンロードすることも可能。
 →その通りです。しかし一つ重要なことが抜けています。これら以外にJoining Reportという資料が必要になります。これは渡印後に必要となり、提出する必要はありませんがこの時点で確保しておくことをおすすめします。大使館でもらえます。

※応募者は、英文提出書類を正本2通及びコピー5通ずつ用意すること。正本1通は必ず応募者が保管し、大使館には正本1通及びコピー5通を提出すること。
→これが提出書類の多くなっていしまう所以です笑。正本2通は面倒くさがらず用意しておくべきです。インドで必要となる可能性があるので…

<注意>
(1)提出書類は全て英文で作成すること。

(2)提出書類は、いずれも正本1通、他はコピーでよい。なお、出願書のコピーは写真貼付後の正本からとること。
 →これは、嘘です笑。コピーしてから写真を貼ってください(と担当者が言っていました)。

(3)和文のものしか正本を用意できない場合は、応募者本人が訳したものでよい。その場合は、理由・翻訳者を明記し、必ず正本のコピーとともに提出すること(「7. 推薦状」は除く)。

(4)上記の書類は、それぞれの右上に上記書類の番号を記入し、1~9(および11~16。ただし6は除く)をそれぞれ1部ずつ順に重ね、左上をホッチキスで綴じ、6部作成すること。また、「7. 推薦状」6部はとじずに提出すること。

 →つまりシラバスの塊と以上の塊の二つ、そして推薦状二つ、証明写真残りの1枚、にまとめたら書類集め完了です

(5)出願書類は、A4判の大きさに折りたたむか、台紙に貼付し、A4判で統一すること。
(6)開封無効の学業成績証明書等も開封して提出すること。ただし、「7. 推薦状」は開封しない。

 →ということだそうです。
(7)提出された書類等は一切返却しない。

どうでしょうか、とりあえず今思い返して思いつくことをかける限り書きました。お役に立てれば良いのですが。。。
とりあえず次回は和文提出書類の説明を行いますね。

英文書類を乗り越えたら和文はへっちゃらですよ!
スポンサーサイト
* Category : ICCR奨学金申請完全マニュアル
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。