123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-02-17 (Mon)
こんにちはーーーーーーーーーっ(・∀・)ノ!

ようやく長い長い長すぎるテスト期間、レポート提出期間という暗黒の時期を乗りきりました!!!

昨日、最後のレポートをポチッと送信して
(間違えてメーリスメンバー全員に送信)
(さらに実際はもうひとつレポートがあったのですが、目をつぶりました笑)、

光り輝く春休みの入り口が見えました



注 ガネーシャはなにも関係ありません笑


そして、今日は春休み前に残した最後の課題をこなしてきました。

こちらは今まで準備を重ねてきた自分の努力の集大成となるものですので、大学の課題とは違って重荷には全く感じず、むしろやっとこの日が来た~っていう待ちわびた感がすごいありました。

ずっとこの日を楽しみにしていました(そしてとても緊張)

この日とはつまり……

奨学金の筆記試験・面接試験です。

インド大使館まで行ってきました\(^o^)/

10:30-11:30 筆記試験
初級英語文法の試験でした。動詞を過去形や現在進行形に変換したり、時間の表記(eleven o'clock)について問われたり、手紙を書くという趣旨の英作文問題が出題されました。
インドで留学するにあたって必要となる最小限かつ最低限の英文法知識があるかどうかを測るものでした。正直他の受験者の方々も時間を持て余していた感じでした(⌒-⌒; ) 作問者であろうインド人女性もとっても簡単だから安心して、と心強いお言葉をかけてくださいました。

試験後は追加書類の署名、確認などが行われ、


13:00ー 面接試験
個人的にはこちらの方が緊張してしまいガチガチになりました(^◇^;) しかし他の受験者の方々とお話しできる機会があり、それでも多少はリラックスできていたのかな…😅😅😅
面接官は文科省から日本人一名、大使館及びICCRからインド人二名でした。
面接内容はごくごくシンプルなものでしたがそれでも一番大切な事ばかり聞かれました。質問自体は日本語、答えは英語で返答しました。

なぜインドで留学をしたいのか?なぜその学問分野なのか?これまでインドに行ったことがあるか?などなど受験者によって聞かれる内容はまちまちだと思いました。その人の専攻内容によっても変わってくると思いますし。

あらかじめインド人の大学の教授から、自分の言いたい内容をある程度まとめておいて、それで大きな声でわかりやすく、言いたい分だけ言い尽くしなさいとプッシュされていたので、
後悔しないように言いたいことを言いまくりました😁😁

インド人試験官に「な、長い…(⌒-⌒; )」と言われましたが、私には余裕がなかったのです笑

とりあえず緊張でで声を震わせながら(私はまだまだ未熟です…🙍🙍🙅)、答えたことを忘れないようにここに記しておこうと思います。

Qなんで歴史学を専攻しようと思ったの?

Aウルドゥー語とヒンディー語を勉強するに連れてもともとは同一言語だったものがどうして分かれることになったか、その過程を宗教धर्मिक,文化संस्कृतिक,政治राजगीतिक(言えず),社会的समाचिक(言えずw)な視点から知りたくなった。そもそもインド分割in1947の意義が私にはよく分からないからそこも自分に納得できるようにしたい。
しかも全ての学問分野において歴史の知識は重要であると思う、私は学士課程なので更なる専門的な研究に行く前に歴史という基礎知識を取得したいから。

Qインド行ったことある?

Aあ、はい、デリー、アグラ、ジャイプール、ジョードプル、ジャイサルメール、ウダイプル、チットール、ハリドワール、リシュケシュに…教授がツアーしてくれたんですよ。
〔恥ずかしいから割愛で(⌒-⌒; )(⌒-⌒; )自分のインド経験(一回だけですけどw)を語りました〕

Q他に何か言いたいことある?

Aデリーではクトゥブミナールとかアクシャルダム寺院とか見に行って、でもデリーって広いですね、ファッショナブルなショッピングエリアもありますし、インドの経済拠点ですし。デリーの古今混在してるところが私は好きです。だからやっぱりデリーで勉強したいです!🎉🎉🎉🎉🎉🎉🎉(強調)


とまあこんなところでしょうか。思い返して見たらあれもこれも言いたかったことが山盛り出てきましたが、それは思い返してだからこそ言えること。私はその時私がで切るベストを尽くしました。
10月から準備を重ねてきた自分の努力に見合う面接内容にできたと思いますので受かっても落ちても悔いなしです🎁🎓(といいつつ多分気にすると思いますがw)



試験はインド時間で行われるので予め予定が変更になることは承知の上で、ゆっくり気楽に過ごすことが重要であると思います。

試験後はインド大使館の横にあるオールドビーンズでドリップした珈琲屋さんで気持ちを落ち着かせました。



でも溢れる気持ちは抑えることができず、4ページも日記書いていました笑



しかし残念なことに👻👻コーヒーのカフェインでさらに覚醒してしまい、これは肉体疲労させるしかないと思い立ち(不明すぎる根拠)、靖国神社を参拝したのち



市ヶ谷を通り過ぎ四ツ谷を通り過ぎ外苑通りを抜け、新宿まで歩きました🗿🗿🗿🗿🗿ばかです。

最後に
今日受験会場で何人かの受験者の方からこのブログを読んでいると嬉しいお話を聞きました*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
嬉しかったです💕💞

春休みに入るのでもっともっと投稿数を増やそうと思います! 英語、ヒンディー語、ウルドゥー語の勉強も全てが留学への準備です!!

ということで再開です♪(v^_^)v
<今日のヒンディー語>
नृत्य m 舞踊
スポンサーサイト
* Category : ICCR奨学金申請完全マニュアル
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

* by युरि yuri
> yuriさん ナマステ!先日はお疲れ様でした*面接まえに隣の隣に座っておしゃべししていただいたYokoです^^
> みんな無事に合格できますように!


Yokoさん、メッセージありがとうございます!お疲れ様でした^_^
はい、ぜひみんなで受かってインドで連絡とか取り合えたらいいですね♪(v^_^)v
大使館がはやめにお知らせしてくれることを願っています!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。