12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-02-20 (Thu)
おはようございます(^0_0^)

昨日は深夜2時半までChennai Expressについてブログを書いていたんですが途中でプツッ・・・・とデータが飛んでせっかく書き上げたブログの大半の内容が飛んでしまい、失意のうちに床に就きました(;O;)

しかしそんなショックは一日明けると忘れるものです笑

昨日書いていた内容を一新せよという神の思し召しなんでしょう、しつこいようですがもう一度書きます!(へこたれないな~笑)




では前回の続きから…



………そのためミーネマとラーフルは会話をしているように思われないよう歌を歌いながら、歌詞を変えてヒンディー語で会話をします。
その時に聴き覚えのある歌が…笑

तुझे देखा तो यह जाना सनम♪ प्यार होता है दीवाना सनम♪(tujhe dekha to hai ye jana sanam♪ pyar hota hai diwana sanam♪)
(愛しい君を見た瞬間、狂おしいほどの愛が芽生えた)

*上部掲載動画15分30分の場面

そうDilwane Dulhaniya Le Jaengeという映画のTujhe Dekha To Ye Jana Sanamのパロディーです。
歌詞を知っている曲だから、ミーネマとラーフルがこのメロディーに合わせて歌詞を変えて会話をしているのがとても面白い(^_^;)「あいつらに聞かれちゃまずいから歌で会話し~てるのよ~♪」というミーネマが何ともかわいらしい


他にもこのシーンで何曲が流れたんですが、もっと私が歌を知っていたらわかったのにいというもどかしい思いをしながら、トイレで落ち合おうと伝えるためにミーネマがラーフルに

शौचालय शौचालय जा जा शौचालय♪ शौचालय शौचालय जा जा शौचालय♪(shauchalay shauchaalay
ja ja shauchaalay♪ shauchaalay shauchaalay ja ja shauchaalay♪)
(トイレ~トイレ~行け行け、トイレ~♪ トイレ~トイレ~行け行け、トイレ~♪)

*上部掲載動画17分の場面

というのをノリノリのメロディーに合わせて歌うシーンでは思わず爆笑しました(●^o^●)

他にも言語の多様性をテーマにしたネタはいくつかありました。
例えばミーネマの家から逃げて隣村へ行ったとき、そこではマラーティー語が使われていたり、
*上部掲載動画1時間15分の場面

ラーフルがスリランカの密漁船にて警察に嫌疑をかけられたとき、ヒンディー語話せるから僕インド人ですと懇願するラーフルに対して、俺らだってヒンディー語話せますぜというスリランカ密貿易人だったり、
*上部掲載動画57分50秒の場面

ディーピカ(ミーネマ)のヒンディー語の発音が始終おかしかったり(別の映画を念のため見返したらディーピカはやはりこの映画で発音を替えて話しています)e.g.「ちゃろ~(行くわよ)」

言語に対するインド亜大陸の多様性をしっかりとらえていて、新たな視点からの試みであるなあと感じました。


あともう一つこの映画の斬新だなあと感じたところは、映画のあちらこちらに散らばる有名映画ネタ笑
①警察に嫌疑を受けた時のラーフル(シャールクカーン)の言葉
"My name is Rahul, and I'm not a terrorist."
My Name Is Khan(映画)の最も有名なフレーズです。しかもあの独特な演技も再現wラーフルのこのセリフの直後にピロリロリという効果音が流れます。
*上部掲載動画59分28秒の場面

②最後の決闘シーンでタンガバナの披露する
Chammak ChaloはRa One(映画)の歌ですし、
Dard E DiscoはOm Shanti Om(映画)の歌です。どちらもヒンディー語の歌なのでタンガバナが歌うとな~んか変でしたが・・
*上部掲載動画1時間40分20秒の場面

そんな感じで何回観てもさらに理解が深まる、噛めば噛めば味がしみわたる映画です。何回も観返したいです。

そして最後にこの映画でのキーワード
"Don't underestimate the power of common man."(凡人の力を見くびんなよ)
最初出てきたときはよくわからなかったんですが、巨漢最強ゴリゴリマッチョのタンガバナとの決闘にラーフルが勝ったとき、ああこのシーンの伏線だったんだなあと気が付きました。

この映画のナレーションは終始シャールクなんですが、シャールクは早口です。いろいろ理解できない言葉もあったんですが、映画の最後のこの言葉は胸に染みました。
「一本の行先の間違ったチェンナイエクスプレスが、最後は僕を正しい道に導いてくれた」
ハッピーエンドが大好きな私には本当に精神的開放感を与えてくれる映画でした。

ここ最近というか11月からずっと忙しくてなかなか心の休まる日がなかった乾ききってすさんだ心に(笑)潤いを持たせてくれました。

ストーリーラインは極めて単純なのでいろんな人にこの映画を楽しんでほしいと思いました(^○^)

<今日のヒンディー語>
बहुत हो गया! もうたくさんだ!(臆病者のラーフルが連発)
हलवाई m お菓子屋さん、ハルワー屋さん(ハルワーというのは多分小麦?に水と油と大量の砂糖を混ぜてべちゃべちゃにこねまくったもの)
スポンサーサイト
* Category : 映画ソング集
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。