12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-02-21 (Fri)
(^_^)(^_^)

(^_^)(^_^)

さて、唐突ですが、

以前大切なデータを失ったと言いました。

なんだと思います?(笑)

去年インドで撮った約3000枚の写真データです。悲

バックアップ取ってたはずなんですけどね~

カメラのカード、USB、、どこを探してもない

悲しすぎます。以下はたまたま携帯に残っていたインドの私の記憶です。感傷に浸りながら少し思い出を綴ります…以下は全てウダイプルのシティーパレスという場所の写真です。ここを回った時だけなぜか気まぐれで自分のスマホのカメラを使ったんですよね、だからデータが残っていて…

しかし正直言うとあんまりシティーパレスの記憶が残っていないんですw

その時貧血気味でウダイプルの灼熱の太陽の下を朦朧とした意識でふらついていたという方が正しいです(⌒-⌒; )




このお城はヒンドゥー教の影響が色濃く残っています。
かつてはここにラージプート(地方豪族)が住んでいました。

とにかく派手です。内装も外装も…

わびさび、を好む日本人にしてみたらそわそわしてしまうくらい豪華絢爛です。ソワソワしちゃって住めなさそう…

観光しているだけなのに居心地がよくありませんでした(貧血だったというのもある)。



上はこの城に住んでいた女性たちの手形だそうです。城がイスラム教徒によって侵略されたときに彼女たちは自分達の王に忠誠を誓って炎の中に身を投げました(Joharといいます)。
生きてイスラム教徒に仕えるよりも、ヒンドゥー教徒として誇りを胸に貫いたのですね。
サティを連想させる、心を打つ壮絶な歴史を刻んだ手形です。



本殿っていうのでしょうか、メインの建物にたどり着くまでに15分ほど坂を上ります。
熱かったしフラフラでした。なので途中で太鼓叩きながらケラケラ笑ってるインド人の行商人に対して不覚にもイラついてしまいましたすいませーんw



人体模型笑。これだからインドは面白い。このおじさんの意味笑。ずっとこの写真のポーズで固まってるんです笑。いつまでじっとしてられるかな~と思って20分後にまた確認したらなんと、煙草を吸ってらっしゃいました(^o^;)はや。



これらはシティーパレス内の展示です。いつ描かれたものとかいう情報は残念ながら未確認ですけど本当に美しいですね。陶酔したような目付きにスッとした鼻筋とふっくらとした肉付きのよい均質のとれた体つき、、、うっとり。

上の写真はホーリー祭を描写したものでしょう。春先に無礼講で身分の差なく色粉色水を投げ合う、ハチャメチャ祭です。いつ頃から行われているのでしょう…





シティーパレスは建物の中にさらに建物があってまるで迷路。外に出たと思ったら中庭で、中庭だと思ったらバルコニーだったり…
それでも高い窓から見渡すジョードプルの街並みにうっとり。
砂埃と眩しい太陽に、カラフルな屋根と時々行き交うリクシャーと人びと。人びとの営みは今も昔根本的には変わっていないんだろうな…



ステンドグラスもまたすごいすごい派手です。太陽の光りが差し込んでまるでクラブハウス…



一方ここはシーシュマハル(鏡の間)一面が鏡となっていて、わずかなライトで部屋一体が照らし出されます。
部屋に一歩踏み入れると自分が映りまくっていて恥ずかしくてすぐに出てきてしまいました。
私はここでは絶対に落ち着けない…( ̄▽ ̄;)



内部装飾も意匠を凝らしてます。ざ、インド。






ああ携帯の中のわずかな写真でももうこんなに鮮明に去年の様子を思い出すことができる、、今更ながら失ったデータが悔やまれてなりません。ウジウジ

でも、いくら嘆いたってきえたものは戻ってこないんです!

もっといい写真をこれから撮ってこいという神様のお告げなんだと思います泣く!

こんくらいでへこたれるなってことでしょうかね!?o(^o^)oo(^o^)o

今日は久々にTOEIC試験で英語の勉強ヤル気チャージしてきましたし、図書館でインド古典舞踊の本を借りることができましたし、IELTSの参考書も買えましたし、アメリカ行きのガイドブック(二冊目)も揃えましたし、今バイトも終わりましたし、生産的なことはなーんにもしていませんがリフレッシュできました。

もう少し実は書きたいことがあったりするのですがそれは自分の日記にこっそり記しますねふふ、おやすみなさい




<今日のヒンディー語>
सुलेख  m 書道、書法

スポンサーサイト
* Category : 旅行
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。