123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-05-06 (Tue)
ナマステ~~!

どどん!

20140506161054407.jpg

昨日はこどもの日ということで、父と母に頼んで夜ご飯は私に作らせてもらうことにしました
しかし私、玉ねぎのみじん切りの仕方も分からないほどの料理音痴・・・
とはいえせっかくインド料理の本を買ったので、作らないわけにはいかないムズムズムズムズ

2014050322124825a.jpg

このような葛藤を見事乗り越え(笑)、チキンカレーとほうれん草カレー、サフランライスを作ることに決めました。
決めるや否や、父と母を引っ張って肉屋、スーパーに行って必要な材料、および香辛料を買い揃えました

インディカ米は二年前にインドからお土産として持ち帰ってきたものを使うことに。
(ググったらインディカ米は一年くらい寝かせてから使うとイイらしいですし汗)

20140506161517a58.jpg

そしていざ調理!

20140506161534e9c.jpg

サフランライスはサラダ油とカルダモンとシナモンとベイリーフと塩と米(硬い)を軽く炒めて炊飯器に入れて水入れてサフラン入れてボタンポチッ。→30分ほど待つ→終了。
炊飯器から漂うカルダモンとシナモンのあまぁい香りは何とも食欲をそそりましたし、サフランのほのかな黄色は半ば賞味期限切れの米に何とも言えぬ高貴な風味を加えてくれました。

2014050616105550d.jpg

ただ米が悪いのか水の分量が少なかったのか、パラパラになりすぎてしまったかな!

そしてほうれん草カレーは塩の分量を間違えて色々レシピを無視w結果、ドロッとしたほうれん草カレーではなくサラサラグリーンスープカレーになってしまい、かつやや塩辛くなってしまいました…

20140506161128f4d.jpg

20140506161438558.jpg

でも私はほうれん草カレー大好きなんでおいしかったです。
さらに、チキンカレーでは玉ねぎの炒め方が自棄を起こしてw炒めが少し甘かったかなと思いましたが、ヨーグルトとトマトピューレがとろとろ感をさらに倍増させていて、胸肉ともうまく混ざってくれました。
父も弟もおいしいと言ってくれました。っあ母も。

20140506161417dca.jpg

そして感じたことは、やはりカレーはインディカ米が一番!ということ。日本でインディカ米を買うとかなり高く、しかもサフランは結構お高いので日本のインドカレー屋さんでは日本の米をターメリックで黄色に色づけしたものが使われていますが、サフランの風味、インディカ米の箸では掴めないパサパサ感はインディカ米でしか表現できないものだと確信しました。

そして食後の締めと言えばやはりデザート
母が私の大好物のケーキを子供の日ということで買ってくれました。チョコレートにホイップクリームにカスタードクリームという最強の組み合わせに私は心から酔いしれました

201405061614580b2.jpg


カレーを作った感想としては、想像以上に難しくない!!!ということです。これなら留学先でも十分自炊できるかもしれない!と自信を少しつけることができました(*^。^*)
向こうはインディカ米1キロ100円ですw そして野菜もフルーツも豊富なので食べる者には困らないと思います。
ただもう少し色々な料理を練習しておきたいと思います!

<今日のヒンディー語>
चकोरी f鶉
スポンサーサイト
* Category : インド料理
* Comment : (7) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

* by Yさん
ご連絡ありがとうございます。もしよろしければYさんのFacebookページを教えていただけますか?申請させてもらおうと思います!プロフィール画像の特徴などよければ教えてください。

管理人のみ閲覧できます * by -

ぱきぱきさん * by युरि yuri
コメントありがとうございます。興味のある人に読んでもらうというのがこのブログを書き始めた動機なので、素直にそのように言ってもらえてとても嬉しいです(*^。^*)
ウルドゥー語は本当に美しい言語だと思います。例えばخという音はヒンディー語にはありません。ヒンディーではکھという発音で代用します。ウルドゥー語は発音が文字に引っ張られてアラビア語に由来する発音があります。デーヴァナーガリー文字(こういうやつ☞हिंदी)で表記するヒンディー語とはやや異なる発音になっています。実はびっくりかもしれませんが、インド映画(ヒンディー語)に使われている歌はほぼ9割がたウルドゥー語の発音です。これはウルドゥー語の発音の方が美しいと認められているからに他なりません。A.R.Rahmanというインド人のシンガーの歌を聴いてみてください、彼の発音は洗練された美しいウルドゥー語です。。
ウルドゥー語の勉強に当たって大事だなと思うのが、まずは語彙をしっかり覚えることかなと思います(偉そうに言える立場ではないのですが)。どう意味かというと、男性名詞、女性名詞をしっかり理解するだけではなく、その言葉の語源はペルシャ語なのかアラビア語由来なのか、ということまで理解する方がいいです。のちにヒンディー語も勉強なさることになった場合、大変便利な知識となります。誤った発音をすることがなくなります。例えばウルドゥー語のشہرت(shohrat:名声)という単語はしばしヒンディー語ではsohratと発音されることがあります。しかしあらかじめこの言葉がアラビア語起源だと知っていれば、そのような発音のミスは生じません。
勉強方法に関するおススメの方法は私も模索中ですが、昨日より今日は一歩前進できるように日々精進を積んでいきたいです。

管理人のみ閲覧できます * by -

* by 博多っ子
料理があまり得意ではないのに、インドカレーに挑戦とは!とても勇気がありますね。写真から見ても美味しいカレーだったことが想像出来ます。サフランライスも綺麗に色がついていてとっても美味しそうです。この記事を見て自分もインドカレー作りに挑戦してみたくなりました(^^)♪

博多っ子さん * by युरि yuri
コメントいつもありがとうございます(^○^)カレーはシンプルなのに火加減で味が変わってしまうので、初心者の私には強敵でした!玉ねぎはゴーグルをして切りました笑
今少しバタバタしていてブログの更新が停滞しているのですが、これからもぜひブログに立ち寄っていただけると嬉しいです!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。