123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2013-09-01 (Sun)
こんばんは~

もやもやzzz自分の将来について向き合うって大変ですね。なるべくならば目を背けて今のまま何にもせずに時間を過ごしていきたいという思いと、色々見たい知りたい私は世界が広いということをこの目で確かめたいんだという思いが錯綜しています。
留学したいけどその手続きの煩雑さにやられてしまいそうになります。それにきっと手続きの複雑さに留学をあきらめた人も多いのではないかと思います。
そして留学を考えるにあたって日本の学生はプラスアルファで就職活動についても同時進行で考えなくてはならないという悲しいシビアな現実があります。安倍内閣になってからは現在大学二年生の学生(つまり私の代)からは就職活動の開始期間が四年生四月~と後倒しになるようですが、私からしてみるとそれでもまだまだ尚早であると感じられます。日本の大学生が勉強熱心ではないという各国からの印象には、やっと専門的に学問を学べる3、4年生の期間を就職活動に縛られてしまっているという現状が顕著に反映されてしまっている結果ではないでしょうか。
アメリカは大学在席中は学生が就活をすることはないようです。卒業した後に企業にオファーを送り始めるそうです。

私は残念ながら自分がどんな職業についているのか全く予見できません。海外で、出版系で、英語を使って、ヒンディー語・ウルドゥー語もしくはインド系にぼちぼち関わることのできる職場で自分のキャリアをバリバリ積んでいきたいという非常にロマンチックな野望はありますが、現在の国際関連に興味のある大学生ならだれでも思いつきそうなありきたりな未来予想図ですよね。
なにも他者と異なる独特なキャリアプランを欲しているわけではないのです私は。やりたいことが見つけられなくてとりあえず学生の本分である勉学をしっかり全うしよう、ということしか(将来やりたいことが分からない人にとって進む道はそれしかないですよね、ぐれるわけにもいきませんし)。

今日は英国留学についての個人相談に行って参りました。
え、インドじゃないのかって?
いえいえまずはインドにいきます笑
そしてインドに滞在した結果もしももっとやりたい学問が見つかったならば、イギリスに行こうと思いまして。学生のうちに海外でいっぱい生活しておきたいですし。
でもとにかく私の留学の第一前提は「語学ではなくやりたい分野」これに尽きます。
インドではもちろんヒンディー語のコースもとるつもりですが基本授業は英語で受ける予定です(そもそも授業を受けられるほどのヒンディー語能力はありません)。
なのでもし来年の夏からの留学の目的が「英語」であったならば私はもちろん欧米に留学に行ったでしょう。インドより欧米の方が高い水準の英語教育を提供しています。しかし私はインドの学生と肩を並べて勉強したい・日本で学んだ南アジアの知識を本場でもっと深めたいので留学先をインドに決定しました。

そして、それまでは学部期間内にインド1年、イギリス1年という計画に固執していた私ですが(つまり卒業までに6年間必要(ー_ー)!!)、今日の話を聞いてイギリスの大学院進学もいいかなと考え始めました。イギリスの大学院は日本と異なり一年で卒業が可能です。一年で修士論文を提出して認められれば修士というステータスが手に入ります。
学部在籍時になにがやりたいのかがよくわからないままイギリス留学は非常にもったいないことだと思います。インドと違ってイギリスは大変値が張るので(^_^;)大体一年間で400万円かかります(そして近年の価格高騰を鑑みると、ますます高価になっていくかもしれません)。。。
それならいっそ大学は五年生で卒業してイギリスの大学院に進学した方が学歴もついてきます…
学歴ではないんですけれどもね、今の社会・・・

RIMG1170 (640x480)
やりたいことが多すぎて、選択肢が多すぎて迷う~~
確かウダイプルのショッピングモールの駄菓子屋さんでも選択肢が多すぎて非常に迷いました(^_^;)はは

とにかく大学院進学にはまずLanguage Requirementといって英語能力を数値化して教育を十分に享受しうる英語力を持っているということを証明しなくてはなりません。行きたいから行く~というようなのが通用する大学ではおそらく満足な教育を受けることは難しいだろうと。。
とはいえまだまだ先のことです。魂詰めすぎずにじっくり考えていきたいです。そもそもイギリスではなくともアメリカという選択肢もありますね。家庭の財政状況にも寄ります。もう少し考えてみようと思います!


*今日のヒンディー語*
उबासी fあくび

スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。