123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-09-26 (Fri)
こんにちは(^○^)

お久しぶりです。
とうとう9月も終盤ですね。

暑い暑いインドでも、依然として太陽光は容赦なく降り注いでおりますが、朝、夕方になると路地を吹き抜ける煙っぽい風の中にわずかに次なる季節の予感を感じ取っております。

日本では金木犀の時期でしょうか
今年の夏は、生まれて初めて、セミの鳴き声を聞かない夏でした。
今年の秋は、生まれて初めて、金木犀のハッとするような眩しい芳香を逃す秋になりそうです。

それとともに、数えきれない発見の毎日でもあります。
基本的なことかもしれませんが、どのように自炊家事をすべきか、
体調管理のためには何を食べればよいのか、
大きなお金を如何に細かくするか、
自分の身を守るためにはどのように用心すればよいか、
料理の仕方(毎日カレー、しかし毎日違うバラエティーに挑戦中)

以上はインドで生きるために最低限の知識として持っていなくてはならない常識に近いものですが、それ以外に、

人との巡り合い、
その偶然に感謝すること、
他人とともに一つ屋根の下で生活を送ることに対する心持、

海外生活、留学を通して得られるもの、それは決して語学能力やそこで得た知識だけではなのだ、、、

ということを実感しています。留学に行く前、多くのバイト先や大学の方々から留学は絶対しなさい、と言われ続けていました。
私は留学は必ず何があってもするつもりでしたので、留学が個人に与える教養知識というもの以外の利益に関してはあまり深く考えていませんでした。

でもやっぱり、日本で私が享受できていた生活は目の前に転がっているようなものではなく、誰かが私の知らないうちに用意してくれていたものであることを、ここにきてやっと気が付きました。
もしその事実に気づかないまま過ごしてしまっていたら・・と少し怖くなります。

つい数週間前は、日本は素晴らしい素晴らしいとばかり思っていたのですが、いえ、日本が素晴らしい故郷であることに変わりはありませんし、揺るぎない事実でありますが、

当時私はインドで初めて自分自身ですべての物事を管理しなくてはいけないことに不安を感じ、今まで日本では自分は何もせずとも知らず知らずのうちに誰かが自分の世話をやってくれていたものだから、何故急に自分自身でそれらに対処しなければならないのか、という低温で燃える反抗心がどこかにありました。

その反抗心がインドという現実から目を背け、目の前の泥だらけの道に失望を覚えさせ、日本に対する郷愁をつのらせていたのかと思います。

ただの裕福な子供が、突如今までの環境から100%異なる環境に投げ込まれ、しばらくは駄々をこねて泣き叫んでいたのが、そんなことをしてももはやお菓子は与えられないのだと気づき、自分の足でやっと立ち上がったという感じです。

私の例えが上手い下手化は別として、少なくともやっとそれに私は気づけたのです!!

インドに来て80日目の発見です。

当たり前のことに見えるようなものにこれだけの時間を費やしてやっと気づくことができた・・・
目の前のことを当たり前ととらえてしまう固定観念を打破するのはかなり大変ですねぇ

今はさっぱりホームシックから抜けて、のほほんと生活しています(●^o^●)
(明後日テストだよぅ笑)

まぁ、今日はもう一つ書きたいことがありまして・・・

それは、私がインドに来て何もわからなかった時に、救いの手を差し伸べてくれた先輩がもうすぐ帰国だということで友人たちと見送り会を行いました。

日本にいたなら絶対に会うことのなかった人、接点がない人とインドで会うことができた。
そして、同じ経験を共有しているという意識がお互いの絆をますます深め合います。

友達の種類はいろいろあると思います。
幼馴染、知り合い程度、挨拶するくらい、恋人未満、クラスメイト、ライバル、、、

今まで私の中にあったカテゴリーにはない種類の友人がこっちに来てできました。

I really benefit from all those things and people I have come across here in India !

そのようなありがたい存在を胸に、今日もこれからも毎日を頑張っていきたいと思います!



まあもうチャパティ(左側の小麦粉で作った薄いパン)は任せてといったところでして…(*/ω\*)

<今日のウルドゥー語>
شفقت f 思いやり、愛情
スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

石川さん * by युरि yuri
初めまして!
コメントありがとうございます、そして返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
インド留学は、色々なことがあったのですが、それでも何とか最近インドで過ごす一瞬一瞬がとてもかけがえのない満たされた時間であると素直に感じられるようになってまいりました。
インド留学を前向きに考えてくださるとこちらも嬉しく思います!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。