12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-10-20 (Mon)
ナマステ~~~!!

お久しぶりです、かなり日が空きました。

デリーでは30度前後から、朝は20度前半になるくらい気温が下がってきました。
季節は確実に移行しています。
朝は、夜の余韻と一日が始まる期待感が混じった(砂埃満載の)空気を吸い込んでよし、一日頑張るぞ、と思えるようになってきました。

私の留学生活もなんと三か月を超えました。個人的には半年くらい経ったのではないかと訝しむくらい本当に濃密な時間を過ごした気がします。

天候がかなり快適になったからか、なんだか三か月目は毎日充実しています。

・・・とまあ言えるのは全てが終わった今になったからでして…(^_^;)

実は、引っ越しました。

インドに来て三か月で三回目の引っ越しです。
これがこの一か月の最大のイベント。
引越趣味とかじゃありません笑。Plz note that I’m not fond of a nomadic life way : p

九月後半から今まで、本当に忙しかった…
本当に本当に本当に忙しくて毎日不安と緊張感に苛まれてこの一か月間を過ごしました。

引越、旅行、両親インド訪問、大学の試験及びアサインメント(インド式アサインメントには色々文句をつけたい)…

色々旅行や両親の訪問については写真を撮ったので後々WiFiを設置したらアップロードしようと思います。
とりあえず今回は引越について書こうかと思います。

なぜそもそも引越をすることになったのか。そもそもはここですよね。

理由は一つ、ストーカーの存在です。

事の始まりは九月上旬。部屋に一通の花束が届きました。黄色いバラの花。宛名はMisa Amane(デスノートかよ…)、送り主はMr. No one、つまり名無しの権兵衛。

花屋さんが玄関まで届けに来たので、しかももう一人の日本人の友人に関係するものかもしれないと思い、半ば深く考えることなく私はその花束を受け取りました。
花束と一緒にメッセージカードが添えられており、「感謝のしるしにお受け取りください」と書かれていました(受け取った後に気づいた)。
友人に聞いて尋ねたところ、彼女にも心当たりがないらしく、かなり不気味になりました。

そしてその一週間後、、、郵便局から手紙が届きました。今回は宛名は再びMisa Amane。ポストマンにこのような名前の人間はここには住んでいない、と告げ受け取りを拒否しました。

宛名がMisa Amaneであること、そしてそれがインドでもかなり著名度の高い日本の漫画のデスノートの登場人物であることを考え含めると、その手紙は私か日本人の友人か、どちらかに向けられたものであるということは明白です。

そしてさらにその一週間後、、、今度は手紙が、玄関のドアの下の隙間から投げ入れられました。今回は切手も貼られていなかったので犯人が直接ドアの下から、受け取りを拒否されることのないように投げ入れたのだと思います。

まあでは読んでやるかと手紙を広げてみると、手紙は英語と日本語(グーグル翻訳)で書かれていました。しかもタイピストに頼んでわざわざご苦労、デコレーションされた手紙でした。内容はあなたをいつも見つめています、、、というようなことをだらだらと。。おまけに最後にちゃっかり花束を受け取ってくれてありがとう、とまで書かれていました。どこから見てたんだよ…

そしてその日、WiFiはネットワークに接続するときに、WiFi名一覧がでてくると思うのですが、そこにMisa AmaneというWiFi名が表示されるようになりました。
これが意味することは、おそらく、犯人が、自分はかなり近くに住んでいることを愚かにもこちら側に伝えようとしていたのではないかと思います。

さすがに私たちもイラついて、大家さんに事情を報告しました。すると大家さんは最近引っ越してきた上の階に住んでいる男たちが怪しいといって、注意をしてくれました。次このようなこと蛾ったら警察を呼ぶぞ、とまで。

すると早速WiFi名はMisa Amaneではなくなりました笑。それとともに犯人は上の階に住んでいるということも分かりました。

ある意味幼稚で愚かな犯人なのですが、そのようなことをする人が同じ建物に住んでいるということは大変気味が悪いです。おまけにそこにこれからそこに長期的に住むと考えると少し未来を悲観視しました。

しかも毎回外出するごとに上の階のベランダからから見つめられるのも精神的にとても疲れました。

その結果、日本人の友人と毎晩2-3時間ずつし合って、さらに私は信頼のおける教授に相談しに行き、引っ越しをする方向に決めました。

私たちはインド人の女の子、その子のおばさん、その子のいとこ、私、日本人の友人の五人で共同生活をしていました。家賃は分割で払っていたのですが、私たち二人が抜けるということは彼らの負担が増えるということになり、以前インド人の女の子が一人だったらとても家賃を払いきれないわと言っていたことを思い出し、金銭の問題をどのように処理するか、を毎晩のように夜が更けるまで友人と語り明かしました。

その一方、新たな物件探しも始めました。治安のいい場所を知人に聞いたり、実際に自分たちで土地を歩いてみて、住みたい土地に検討を付けたうえでブローカーに物件を紹介してもらいました。
以前はムスリムだけの地域で、かなり混雑した場所に住んでおりましたが今回はムスリムだけではなくヒンドゥー、クリスチャン、シクと様々な宗教の人々が住んでいる新興住宅地に引っ越すことに決めました。

金銭の問題は、私たちが12月分まで家賃を払い続けるということで解消しました。

その直後に友人と私はカジュラホーという場所に旅行、その合間に新居の家賃や敷金を払い、息つく間もなく両親が訪印、からの試験と課題、、、

そして迎えた引越の日の前日。私はACを購入していたのでエレクトリシャン(電気屋さん)を呼んで取り外し、および新たな家への取り付けをお願いしました。
インドのACは日本のとやや違って、AC本体と建物外部に設置するファン、そして電圧を調整するスタビライザーというものの三点セットです。取り外しはあまり時間はかからなかったのですが(電気屋のオッチャンとのバイク二人乗りはなかなか意味不明な体験だった)、問題は設置、、、15時から20時近くまでかかりました。壁に穴をあけ、部屋は赤土煙で充満、しかもやれよなんとか取り付けが完了したと思って電気プラグに差し込んだらそのプラグが壊れていてACが作動しないという(*_*)
オッチャン「私は設置専門なんでプラグに関しては別の電気屋に頼んでください」、と帰ってしまいましたwwww

ACの設置が中途半端なまま迎えた引越当日。
荷物をひとまとめにし、サイクリクシャ―を三台呼び、机椅子、大きな荷物をこれまでかというまでに括り付け、荷物の狭間に私たちも荷物の如く乗り込み新居へかなり原始的な引っ越しを敢行!というのを二往復こなしました(@_@) 二往復目はオートリクシャ使ったけどね。

更にその間に家電専門店に行き冷蔵庫洗濯機を購入、何時までにこの住所に持って来いと指示をし、その時間が来るまで再び電気屋を呼び(今度はプラグ専門の人w)、プラグを整備してもらいました(ACが作動した時の感動ったら…)、ちなみに別の電気屋がやってきて戸棚の鍵の付け替えもしてくれました。

冷蔵庫は自分たちで設置ができたのですが、問題は洗濯機。これまた電気屋を呼んだところ、水道管に問題があり設置できないとのことwその翌日に朝からきてもらい、水道管及び蛇口を一掃してもらい、パイプをつないでもらいなんとか最終的に設置ができました(^_^;)

というのが昨日の出来事です。毎日の超過労働のため、私は一か月振りに風邪をひきました(^0_0^)まぁ、のどの痛みと鼻水だけなので無視していますが。

とりあえず、以上のような経過で引越が無事完了し、カオスな一か月が過ぎていきました。



この一か月は、インドに来て、一番忙しかったです。正直に言うと、本も読めなかったですし、安全面への不安で勉強にも集中できませんでした。
旅行と両親の訪問が、その不安から気を逸らせてくれました。

他の留学先ではどうなのかわかりません。しかしやはり外国人は、良くも悪くも目立ってしまいます。とくに女性は、インドでは、自分で自分を守ること、安全にお金を払うこと、ここだけは絶対に妥協してはいけません。
安全に、楽しく、勉学を全うして日本に戻る、これが留学生の使命であり義務です。自分にだけではなく、その留学を支えてくれている人に対しての最低限のマナーです。
今回の引っ越しは、安全、という面に関してとても深く考慮する機会を奇しくも与えてくれました。

インドでの部屋探しはとても大変です。外国人だとなおさら。。女性だとさらに。。。私もまさか三か月で三回も引越する羽目になるとは思いませんでした(^_^;)
インドに信頼できる知り合いがいて、留学前に予め住む場所を手配することができたら何よりだと思います。

勉強以外のことに頭を悩ませるのはもうこりごりですので、そしてこれからインドに留学を考えている人にはそのような思いはしてほしくはないので、私はこれからインドに留学を考えている知り合いがいるなら全力で住む場所を探す協力をしたいと思います。

でもこれでやっと安心して心置きなく好きなことができると思うと、もう素敵なことしか想像できません笑!

今回は少し長めになりましたが、かなりポジティブに考えると、自分自身成長というか、かなり面白い経験ができました、終わりよければ、、、全てよし、ああいう経験もまあ、留学生活のマサラになりますかね!





ディーワーリー祭りが近づいて、町全体が浮き足立っております。

<今日のヒンディー語>
कंबल m 毛布
スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ユ キ
いよっ! 待ってました
今日のヒンディー語! 笑
これから朝晩どんどん冷えるから、気をつけてね( ´ ▽ ` )ノ

お互い頑張ろう! * by yuki
はじめまして。
yukiと申します。
私もインドのバンガロールの大学に留学中です。
今やっと最終学期を迎えています。
あと、3ヶ月で卒業です。
インドの大学の大変さは本当によくわかります。
とにかく落第せずにここまで
これたことが幸運だと感じています。
今は只々、mid semとend sem無事に終えて卒業するのみです。
おたがい頑張りましょう!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。