12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2016-07-04 (Mon)
こんにちは!
ただいまインドで2年を終えて新学期が始まるまで、しばし日本で一時帰国休暇を楽しんでおります。

ちょうど日本に帰ってきて一ヶ月が経とうとしています。
梅雨の前に帰ってきて、梅雨の湿った肌寒さを乗り越えて、今は夜になるとかすかに虫の鳴き声が聞こえる時期になりました。七夕まで指折りです。
今日は久しぶりに土砂降りが水不足で悩む日本列島を濡らし、35度まで上がった昼間の猛暑は何処へやら、急に気温も元に戻り、空気はいつもよりきりりと張りつめた美しさを湛えています。

今回も去年と同様に7月末まで、二ヶ月間日本に滞在するのですが、日々友人と会ったり、アルバイトをして小遣い稼ぎに勤しんだり、少しだけ勉強をしてみたり、意外と忙しく過ごしています。
二ヶ月間は意外と長くて、手持ち無沙汰になることを恐れていたのですが、最終学年を前に心の準備をするにはちょうどいいのかな・・・なんて思い始めています。

三年間の留学期間のうち、二年間が終了しました。当初はあれだけ長く感じていた留学期間が、いつの間にか逆から数えた方が早くなってしまいました。今までの二年間を思い返し、それとともに来る最後の一年、最終学年を、そしてその先を思い描く毎日です。
また、これまで長期休暇ごとに日本に帰国しておりましたが、今回を最後に留学が終了するまでインドで残された時間を存分に味わおうと考えています。つまり来年のこの時期までしばらく日本からはご無沙汰です。
街歩きに旅行に勉強に交友に、インドでやりたいこと、やり残してきたことの消化を考えるととても一年間では足りないような気もしてきて、今はまだ帰国まで三週間近くあるのですが、一刻も早くインドに帰りたくてうずうずしております。

今の自分が一番でありたい。

これは私が常日頃思っていることです。常に前進、昨日の自分より一歩前に。そうやって毎日生きていたいなぁと思います。なので、多少の遠回りでも、辛くても、面倒でも、その先に成長が見えるなら、困難を厭わずに挑戦していきたいと。そしてそれは残念ながら年を重ねれば重ねるほど薄らいでくる強さなのかもしれません。そうして、昨日の自分より退行していることにも慣れてしまって、無味乾燥な時間だけが経過していく・・・

最近、ふとした出来事で、自分が人に厳しく、自分に甘い人間であると気づく瞬間がありました。自分の期待値にそぐわない行いを他人がすると非常に残念に思い、しまいには相手を批判する始末。。。その一方で、自分が同じような過ちを犯した時には目をつぶって見過ごす生ぬるい姿勢。
他人に批判的であるということは、他人に自分の期待を投影するということで、結局は自分自身は不動のまま相手へ変化を期待しているにすぎません。(自分のミスを見過ごすということは、変わっていこうとしない表れです)
前進するということは、良い意味で変化し続けていくということ。そして私の中では前進することこそがモットーであり、信条であります。一点に固執して動かない姿勢を取っていることにそのとき気づき、はっとしてしまいました。全く気がつかないうちに、理想とは反対側に進もうとしている自身にかろうじて気がつけました。

「大人になってきたのね」
と母は言いました。どのような意味でそのように母は言ったのかはわかりませんが、常に新たな局面に向かって挑戦を忘れない、変化のために進み続けるバイタリティーを、年をとるにつれて忘れがちになってしまうということなのかなと私は解釈しました。

今日は本当に久しぶりに、ブログを書こうと思い立って(支えてくれている人の励ましもあり)、重い指をあげてキーボードに向かいました。ふと7月に入って、新学期を前に、気を引き締められるような以上の出来事があったのでシェアしたくて。。

では!

いかに無作為に撮り溜めた写真を添付します。

14676780160.jpeg

14676780020.jpeg

↑ちょうど去年の8月に南インドに旅行した際に撮った古典舞踊です。たまたま画像漁ってたらとても鮮やかな色彩が思い出とともに目に留まって・・

14676779840.jpeg

14676779280.jpeg

14676779540.jpeg

14676779130.jpeg

↑帰国直前にヒマラヤの麓、ウッタラカンド州に旅行へ行きました。低地から吹き抜ける冷たい風に圧倒されまくりました。デリーは40度越えの毎日にもかかわらず、こちらでは人々がセーターを着て生活していました。

14676778960.jpeg

14676778830.jpeg

14676778640.jpeg

14676778490.jpeg

曲げわっぱ鮭親子丼

14676778160.jpeg

14676777900.jpeg

14676777070.jpeg

↑新潟へ旅行。インドの写真とはまた異なる趣があります。人生で初めて日本海を拝んできました。

<今日のヒンディー語>(パソコン変えていま少しキーボード調整中です)
chhedchhaad 改ざん
スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。