123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-06-29 (Mon)
ふとした瞬間に思い出が蘇ることがあります。
それはだいたいが意識もせずいきなりぽっと浮かんではまた忘却の深淵に沈んでいくようなものなのですが、今日はたまたまそんなエピソードを二つ、たまたままだ覚えているので忘れないためにも記しておこうと思いました。

それはちょうど一年と三か月ほど前のこと、私と弟はNew Yorkを旅行していました。Lower East地区のチャイナタウン、リトルイタリー、リトルインディアと呼ばれる区画を歩いておりました。
チャイナタウンでは、なんだか必要以上に漢字表記に感動し格安の偽ブランドバッグに思わず笑みが零れ、
リトルイタリーで、は極寒の三月末ではありましたが柔らかな春の日差しの下カプチーノをテラスですするお客さんたちの後ろで鮮やかなイタリア国旗が翻り、
リトルインディアでは、カレー屋さんが閑静な住宅地に一つだけぽつんとあるだけでした(場所を間違えていた可能性があります)。

fc2_2014-04-07_10-57-47-971.jpg

その地区のCanal St.駅から最寄りまで帰ろうとプラットホームで電車を待っていた時、よぼよぼの酸っぱい顔をした日系の顔立ちをしたおばあちゃんが、私と弟を見るなりにこにこ顔でなにやら中国語で話しかけてきました。
どう反応していいか困った顔をしてオロオロしていると、おばあちゃんは”Mama Papa China? No Chinese?” と尋ねてきました。どうやら中国系移民の子供だと思われたようでした。
日本人であると伝えると、徐にがっかりした様子で去って行きました。それから同じ電車に乗りましたが、もう話してくることはありませんでした。

それだけです。

もう一つは、ちょうど一年前、七月の中旬、インドに渡って一番初めの住居での思い出です。
大学からほど近い、ワンルームの小さな部屋でした。
窓はガラスがはまっていないものもあり、それらは新聞紙で閉じられていました。
扉には鍵がかかっておらず、自分で鍵を買ってきて取り付けました。
外の気温は昼で45度以上でしたがセキュリティーの関係上、そしてまだ初めての国でかつ初めての場所で、窓を開いたまま眠ることも憚られ、扉という扉を閉め切っていました。
もちろん蒸し暑さであまりよく眠ることができません。
早朝の4時になると目が醒めてしまいます。
暑さにしびれを切らして扉を開けて共用バルコニーに出ると、夜が朝に変わろうとする瞬間に立ち会えました。
空全体に紅色が広がり夜の空色と交じり合い、さらにデリーのくぐもった大気がそこにベールをかぶせて太陽が昇ってくるのを空が今か今かと待っているのです。
熱の抜けた涼しい夜風とともに、新たな一日が始まることを予期させる湿った生温い風が一緒に駆け抜けます。
バルコニーから見えた、夜と朝の出会いの景色。
キレイと感動できるほど胸打つものではありませんでしたが、固唾をのんで見守りたくなるようなそんな風景。

それだけです。

以上の二つが今日、いきなり、それぞれ異なる瞬間に思い出されました。どちらも日本にいなかったからこそできた経験です。どちらも何のオチもないようなエピソードで、書くほどのものではないのですが、思い出とはそのような一見ありきたりなものなのかもしれません。
だから、意識的に思い出を作ろうと励んだり、記念写真に固執したり、その一瞬一瞬を忘れないように全身全霊で生きなくても、思い出は知らないうちに自分の中にこっそり潜んでいて、ふとしたきっかけで私たちの心の扉をノックするのかもしれません。チャイナタウンのおばあちゃん、私はほぼ忘れかけていましたが、今日たまたまNYのチャイナタウンについての文献を読み、思い出したのです。

思い出は思い出されて初めて思い出と成り得る、そんな当たり前の事に妙に合点がいきました。

20140715_052047.jpg


<今日のヒンディー語>
झझकना オロオロする、うろたえる

* Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

* by yuki
私の住むバンガロールは4月はとっても暑かったのですが、6月に入り20度あるかないかの涼しい季節になりましたよ。

インドにまたいらっしゃるということで
もっともっと思い出を増やしてくださいね。

私は来月末また日本に主人と一時帰国ですが、インドに帰ってきたら彼とハンピ遺跡に行ってみようと相談中です。
今は涼しいから熱帯の遺跡巡りは避けられそうでし(3月に行ったチェンナイのマハーバリプーラムは暑かった;)
ハンピは遺跡の中に遺跡のようなホテルがあったり面白そうです。ぜひぜひ南インドにいらっしゃる際はハンピへ。

ゴアにもまた行きたいな。。。酒税が安いからガンガン飲んじゃう☺




個別記事の管理2015-06-13 (Sat)
近所のカシミールシルク雑貨店、働いているのはインド系。
両親に背中を押され勇気を出して入ってみて、店員さんとお話をしてみました。

私がインドに一年住んでいたこと、そしてあと二年住むこと、
大学で勉強していること、
彼らはDelhi Walla(デリーっ子)であること、
お互いの今後の帰国予定、
お互いデリーのどこに住んでいるか、などなど
近いうちにチャイでも飲みにおいで。またデリーか日本で会いましょう、
そうやって別れました。

日本人がヒンディー語を喋ってくれた、今日はいい夢が見られるよ、奇跡みたいだ。信じられない。本当に嬉しい。धन्यवाद(有難う)。

少し大げさな喜び方ではあるけれど、なんだか少し何かが認められたような気がして嬉しくなりました。初めてThank you. 以外の感謝の言葉を贈られました。
もっともっと前へ。

最近とっても素敵な本を見つけて、その人の著作を全部買い占めて読破しようとしています。後日紹介します。詳しくお伝えしたいです。考えさせられることの多い深い本です。
その本を読んで、努力に裏打ちされる行動力と自信について考えさせられて、それを実行している同じくインド留学中の友人を思い出して、彼のように私も前へ進まなければと改めて感じています。
それとともに、世界はインドの外にも広がっていること、世界中に住むインド人、日本人、自国を離れて住むということ、好奇心・興味と異文化に対する礼儀のバランスのとり方、積極性、、ということも考えさせられております。来年の夏休みは今年のように丸々二か月を日本で過ごすのではなく、別の国、、インドでも日本でもない国、で過ごそうかと計画しております。ふふふ
その計画を胸に一人ほくそえんでいます。ふふふ

7月、国際会議のボランティア活動が楽しみ。
8月、インド帰国がもう楽しみ。新学期が楽しみ。
家族、友人たちにデリーの町をガイドするのが楽しみ。
冬休みの日本帰国も楽しみ。今回の滞在で会えない人に会えるのが楽しみ。
そして来年の夏休みも楽しみ。

楽しみなことが多い。
楽しみを存分に味わうために必要不可欠な、努力に裏打ちされた自信を、手に入れられるよう、頑張ります!!

14342009000.jpeg

留学前の友人とともに食したメキシコ料理。ココアベースのソースが大地の荒削りな風合いを残して肉と絡まっていました。
北京とニューヨークに留学する二人。また来年、皆一回り大きくなって語らおうと約束をしました。
前向きな希望に満ちた二人に囲まれ、自分も気分新たにデリーでの一年を楽しめると確信しました。

<今日のヒンディー語>
सार्थक adj 有意義な

* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

S.M.さん * by युरि yuri

メッセージありがとうございます。
まずはICCR、選考合格おめでとうございます。
新たに同じ大学でともに頑張れる仲間ができることが本当に嬉しいです^^JMIには現在私を含めて三人日本人がいます。大きな大学でたった三人なので、お互い協力しながら日々頑張っています。
SさんはMAでの入学でしょうか?私はBAですのでBAに関しての情報しか提供することができませんが、私の分かる範囲で学校の情報を提供させていただきたく思います。
私も実際JMIに入るまで、どのような大学なのか、授業は定期的に行われるのか、成績の出し方など教務課はしっかりしているのか不安でした(Webサイトにもなかなか授業風景などが分かる資料はありませんよね、、)。
ます、私が一年間を終えてJMIの学生生活を振り返って言えることは、これから来る留学生の方々に胸を張って留学先としておすすめできる学校であるということです。
外国人留学生専用のオフィスもありますし、日本だけではなく中東・東南アジアからのICCR奨学生を多く受け入れているので留学生受け入れの手続きも理解されています(新学期の書類手続きなどもしっかり指導してくれます)。
日本の大学との設備と比較してしまうと見劣りする点は多々あります。ACが教室にないだとか、キャンパス移動に広い道路を渡らないといけないので怖いだとか、食堂の食べ物が衛生的に?であるとか、、、、しかし、そのような事柄は留学する身としてはある程度理解した上で受け入れなければならないものであると私は理解しています。
授業の方ですが、私の所属する歴史学部では、先生が来なかったり、授業が行われなかったということはほぼありませんでした。むしろ私のクラスでは、10分でも遅刻した生徒は出席がもらえないので遅刻しないようにするのが大変でした笑 ちなみに、1学期を通じて出席率が75%を下回ると期末試験を受けることができません。それ程日々の授業への出席は重要視されています。1学期のうちに、期末試験のほかに学期を通じて二回の中間試験があります。総合的な成績は期末試験75%、中間の合計25%、計100%で算出されます。
まぁ、日本の大学の講義のように休講の場合は一週間前に学生に連絡が行く、、ようなことはなく、その場で今日は休講であることが分かったり、悪天候のため暗黙の了解だから休講、ということはありました(私も暗黙の了解で行きませんでした笑)
授業の質の方は、私の場合歴史学なのでどうしてもヒンディー語が使われることが多かったのですが、社会学や政治学、経済学では英語が多いようです。どちらにせよ試験は英語で受験可能なので最低限の英語能力があれば何とか乗り越えられることと思います。日本の大学でもそうであるように、インドでも、講義は学生の興味を導くために行われているように感じます。講義で先生の行ったことだけを暗記して試験に臨んでもだめで、自分で本を読んで知識を整理する、ことのほうが重要でした。なので授業で先生が言ったことがちんぷんかんぷんでも試験で何とかなったりはします!
友人たちは皆フレンドリーです。はにかみ屋、無口、根暗、うそつき笑、忘れん坊、、、色んな友人がいます。気さくで突き抜けるように明るくてよく喋る、というインド人イメージが覆されます。8割以上がイスラーム教徒です。宗教も文化も違う彼らともっと仲良くなるには、もっと理解しあえるようにするにはどうすればよいか、これは私もまだまだ残りのJMI生活で学んでいきたいところです。
住居の事ですが、学生寮と個人的に部屋を借りることの二パターン考えられます。拘束が嫌いな私は後者を選択しました。ただ、インド人ともっと交わりたいならば前者の方が良かったと思うこともあります。インド到着後、奨学金を得るために、そしてFFRRO(外国人地域登録)をするために2週間以内に自分の住む場所を確保しなくてはなりません。インド到着までに自分にはどちらが適しているか考えておくとよいと思います。ちなみに家さがしはほんっっっとうに大変ですのでお手伝いします。

留学後最初の数か月は環境に慣れるのがとても大変であると思います。でも慣れてしまえば、本は安いし時間は沢山あるし物価は安いし人はいっぱいいるしなんでも挑戦できる環境が目の前に揃っています。是非勇気を出して、一歩を踏み出していただけたらと思います^^

個別記事の管理2015-06-09 (Tue)
こんばんは。
ただ今インド時間22時30分。つまり日本時間深夜二時。パソコンに向かっています。
口内炎ができるわけです笑。

今日は久々に大学に、休学延長のために行ってきました。
一年ぶりに会う友達、
一年前にはなかった設備、
一年前と変わらない勤勉な学生たち、
一年越しの学食の鯖。

一年ぶりにパキスタン人の教授にも会ってお話をしてきました。
一年前よりも何をおっしゃっているのかがまっすぐ頭の中に入ってきました。
それとともに、先生はこんな人だったっけ、、、と思わず考え直す瞬間が多々ありました。
おそらく先生自体は変わっていません。変わったのは、私の理解度。

言語力が伸びるとそれまで見えてこなかったものが見えてくるようになります。
例えば母語である日本語では、私はきれいに磨かれたクリアなレンズの眼鏡でものを見ることができます。
一方学び始めたばかりの言語の場合、ゴミが張り付いたレンズからモノを見ることになります。どうしてもゴミが邪魔して見えない部分が出てきます。
言語習得は眼鏡のレンズ掃除です。
ゴミをひとつ、またひとつと取り除いて見える視野を広げていくのです。
私の眼鏡はまだまだくすんでいます、ゴミもたくさん付いています。

まだまだ掃除のし甲斐があるぞ。

さーて明日はバイト面接!履歴書はまだ書いていません、でも寝ます。

<今日のウルドゥー語>
دانا m(俗)見かけより老けて見える人
پیپا m(俗)見かけより若く美しく見える人
گھڑا m水がめ


* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2015-06-06 (Sat)
NOBODY CAN LOVE YOU MORE -life in delhi’s red light district
Mayank Austen Soofi

14335774770.jpeg

ここ数か月で最も衝撃的だった本です。
デリー最大の赤線地帯(売春宿街)についての密着取材レポート本です。
インド人ジャーナリストならではの、聞きすぎでは?と思うほど当事者たちに迫った近距離からの描写が、日本人の私からしてみれば異彩で戸惑ってしまう一方で、だからこそ好奇心に駆られて吸い寄せられてしまう本でした。この本を読み始めて読み終えて余韻に浸っての一週間は学校の授業も何もかもうわの空でした。それ程影響力の強い一冊でした。

そもそもデリー最大の赤線地帯、別名G.B.ロード(今はSwami Shradhanand Marg)についてのこの本に興味を持った理由とは、

それは、私自身がデリー市内を歩き回っている中で、たまたまその場所を知らず知らずのうちに通り過ぎたことがあったためです。
家に帰って自分の辿った道を確認していたら気付いたのでした。

世界中のどの売春宿街もそうである通り、G.B.ロードも昼の顔と夜の顔があります。私が無知にもそこを通り過ぎたのはちょうど白昼でした。
オールドデリーならではの、
労働者、水牛、泥、煌びやかなサリーの布端、モスク、食堂から立ち上る湯気、砂埃、物乞い、黒い衣装に身を包んだ女性、ヒンドゥー教の大きな偶像、花輪、ナツメヤシ売り、アザーン(イスラーム教のお祈り)の音、、、、
そのすべてが交じり合った混沌の端、Old Delhi Railway Stationの南北に伸びる線路に面した300メートルほどの通り一帯にG.B.ロードは存在します。その通りの建物は二階建てがほとんど。一階は金具、洗面台、家具の部品、鍵、小麦の卸業者の倉庫や小さなお店が店を構えており、おもに昼間忙しなく労働者たちが牛車に荷物を乗せて働いております。これが、G.B.ロードの昼の顔。私の記憶の中にある風景です。

その一方私がこの本から得た情報になりますが、夕刻から明け方までの時間帯、一階の店が閉店時刻を迎えるあたりに開店するのが二階の売春宿。売春婦たちは二階の網戸の奥から通りを行きかう通行人に目線を落とし、手をこまねきます。一階の店と二階の売春宿には全くのつながりがないようです。同じ建物であっても一階の住人は二階で起こっていることをまるで何も知らぬかのようにふるまっているのだそう、両者の間には何一つ、挨拶でさえ交流はありません。売春婦と関わりがあると思われるのは社会的に悪影響であり名誉荷が穢れると1階の人々は考えているためです。
夜になるとポン引きが通りをうろつき始め、強引に客引きを行います。ポン引きと売春宿の間には連携はなく、売春婦が通りに出て客引きをするのは淫らであると考えられているため、客引きをポン引きたちが代行しているようです。しかしながら近頃のポン引きたちは客さえ捕まればよいととんでもない客を二階に寄越すことも、そしてその客がアクシデントを起こす(売春婦に対して暴力をふるったり代金を払わなかったり)ということも起こっているそうです。
売春婦たちはだいたいインド全土やネパールの貧しい村からやってきた女性たちです。あえて遠い村からデリーまで来るのは、遠ければ遠いほど、従事している職業についての噂が実家に届かないためです。彼女たちは皆、自分の本名を隠し、偽名で生活をしています。ある程度お金がたまって実家に戻っていく者、実家に戻っても何かしらの方法で売春業について家族にばれてしまい勘当されてしまう女性、病気にかかり売春宿で一生を終える女性、デリーから地道に実家に仕送りを続ける女性、様々な女性が様々な金銭的理由でここでの仕事を余儀なくされています。売春婦は40代を過ぎると交渉値段も低くなり、年を取ればとるほど収入源は乏しくなっていくので、売春業と並行して売春宿内の清掃や料理作りから経営に関わるようになり、運が良いほんの一握りの者は女主人として初老に突入しても職を失わずに済みます。

この本は、著者がとある売春宿の主人、彼の子供たち、そしてそこで働く売春婦たちの日常の詳細な記録です。子供たちは親の職業をどのように感じているのか、ヒンドゥー教徒ではあるがイスラーム教徒として売春婦を続ける女性、末期の癌を患いながら帰る家を失くし売春宿の世話係を続ける女性、信仰心が強く毎日礼拝を欠かさない売春婦たち、、、そんなタブー視されてきた存在を明るみにしています。気になる、けれども聞けない、好奇心をむき出しにするのも憚られる、、、そういった有耶無耶な思いが読むにつれて解けていきました。

著者のMayankはとっても素敵なThe Delhi Walla(訳デリーっ子) という自身のウェブサイトにてデリー中の隠れおすすめスポットなどなどデリーにまつわる情報を発信しています、是非ご覧あれ。
The Delhi Walla

<今日のウルドゥー語>
شہیدm 殉教者


* Category : 未分類
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by yuki
元気そうで良かったです。
私は一年ぶりの日本帰省エンジョイ中です。
インドの学部留学も無事終了し、次はインド駐妻生活に入ります。
インド留学生活楽しんで♫

Yukiさん * by युरि yuri
お久しぶりです。
いつもコメントありがとうございます^^
そして、ご卒業おめでとうございます。三年間、大変なことも色々数えきれないほどあったと思いますが、それを乗り越えて無事修了なさったことは本当に尊敬に値します。
駐在奥さんのなかでも、本当にインドの実情を理解した数少ない駐在奥さんになれることを確信しております。駐在先は南インドでしょうか?実は近々南に行く予定があります:)

* by yuki
バンガロールですよ☺
尊敬していただけてとっても嬉しいです。
尊敬されるなんてなかなかないので。。。

私はもともとインドで通翻訳者として働いていたので、インドの大学に行くことは仕事のスキルを伸ばせればいいなぁくらいの気持ちだったんですよ。ちょうど、同じ会社で旦那さんと出会って結婚して。。。
正直、インド留学はカルチャースクールに行くような感覚でした(ごめんなさい🙇)。イギリス留学も経験していたので、それよりは楽だろうと思ってたら、それよりも大変でした。

バンガロールにいらっしゃる際はぜひぜひ連絡くださいね。

正直、インド留学は苦しいことが大半だけど1つ1つ試験を確実にパスしていけば、前の試験で勉強したことが次の試験で書くことの材料になりますから、諦めずに頑張ってくださいね。

でわでわ

* by yuki
バンガロールですよ☺
尊敬していただけてとっても嬉しいです。
尊敬されるなんてなかなかないので。。。

バンガロールにいらっしゃる際はぜひぜひ連絡くださいね。

正直、インド留学は苦しいことが大半だけど1つ1つ試験を確実にパスしていけば、前の試験で勉強したことが次の試験で書くことの材料になりますから、諦めずに頑張ってくださいね。

でわでわ

個別記事の管理2015-06-06 (Sat)
雨が降っています。
インドの雄々しい雨とは異なる種類の雨音です。

Haruki Murakamiの1Q84の中に出てくる作家のTengoは、夜に書いた文章というものは翌日読み返してみると白々しくて大体書き直すことになってしまうから深夜に何か書くことは控えていると言ってますが、私は書きます笑。
しとしと雨のテンポよく窓を打つ音がとっても素敵だから。

最近素敵な女性に出会いました。
その人の書く文章が繊細で、
その人の着ているものが主張がないように見えてこだわりがあって、
その人の食べるものが自分を労わっていて、
人を愛するならばまずは自分を愛そうと、
人に愛を与えるならばまずは自分を精一杯愛してあげようと、
人を尊敬し認めたいならばまずは自分を批判的に見つめてあげようと、
自分がもっともっと好きになれるような生き方をしているそんな女性です。

その人の名前は秘密ですふふふ♡
なぜなら言う必要がないからです。
あなたにとってそのような存在の人は私にとってのその女性ではないからです。あなたと私は別の人間なので。
言いたいことは、そのような人に出会えたことが嬉しいという報告です。


彼女を知ってから、インテイクを重要視するようになりました。体を労わってあげたいので。
食べるものはできるだけ体に良いものを、食べるもので私たちの日々の生活は支えられています。同じカロリー摂取量でも、カップラーメンと、おいしくなあれと唱えて握ったおにぎりでは栄養以上に体に与える影響は違うのです(多分)。
今オーガニック食品が流行っていますね。私もその虜です!農薬を使わずに手間暇かけて育てられた野菜は栄養価以上の力を秘めているように思います。
いつか会社に勤めて地方転勤になって、家の目の前に小さな畑をこしらえて、農薬なしで愛情たっぷりに野菜を育ててみたいなんて妄想に耽るようになったのもその女性のせいですね笑(人生でこれまで三回苺を育てた経験があります。三回とも一か月以内に枯らしましたw)
胡桃、アーモンド、チアシード、キヌア、マカパウダー、ローカカオ、クコの実、カボチャの種、ケール、苺、ブルーベリー、ラズベリー、マキベリー、ココナッツオイル、亜麻仁油、パオバブパウダー、甘酒、玄米、、、、身体の喜ぶ食材を沢山食べていきたいです。これはそれらの食材をヨーグルトとともに食べるある日の朝ご飯。

14335290890.jpeg


彼女を知ってから、運動をするようになりました。ジムに通って有酸素運動と筋トレを一時間半くらい。

彼女を知ってから、自分の爪に目が行くようになりました。もともと絵を描くことは好きだったのですが、なぜ自分の手先にキャンバスがあることに気が付かなかったのでしょうか。手先はもっとも目の行く体の部位の中の一つ。そんな部分が美しかったら自然に笑みが零れるような気がします。

14335291090.jpeg


そして彼女とは別に、もう一つ憧れる女性像は、江國香織の描く女主人公たちです。
コーヒーとチョコレートとウィスキーとタバコとワインと本でできている、そんな物憂げな女性。一見根暗のようであり、しかし何か満足しているような愛情深いヒト。


以上がここ二三か月の空白の時間に私に生まれた変化です。
その人が他人に与える暖かさは、その人が自身に向ける愛情の量とそのままつながっている気がします。そんな充実した人間になりたいと思います。
他人に見せびらかす、そんなことで自身を満足させるhipsterではなく、静かに自分の頑張りに微笑むようなそんな美しい人になりたいなと思います。

数か月前、友人から一通のメールが届きました。
「大人ってなんだと思う?」
というもの。
よくわからない質問です笑。今でもわからないです。そしてこれからも分かる気がしないです。
小学生の私には中学生は大人に見えました。
中学生の私には高校生は大人に見えました。
高校生の私には大学生は大人に見えました。
大学生の私には大学生はそれほど大人ではないように見えています。
大人というものは私たちが永遠に追い求め続ける理想像なのではないでしょうか。永遠に追い求める姿勢が成長につながり、生涯を通じて成長できるきっかけを与えてくれるもの。
よくわからないけど、暫定的に私は大人というものをそのように理解しております。

素敵な女性との出会いもまた、私を一歩大人に近づかせてくれたような気がします。

14335292230.jpeg


<今日のウルドゥー語>
شکایت  f 不平不満言い訳
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。