12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-07-04 (Mon)
こんにちは!
ただいまインドで2年を終えて新学期が始まるまで、しばし日本で一時帰国休暇を楽しんでおります。

ちょうど日本に帰ってきて一ヶ月が経とうとしています。
梅雨の前に帰ってきて、梅雨の湿った肌寒さを乗り越えて、今は夜になるとかすかに虫の鳴き声が聞こえる時期になりました。七夕まで指折りです。
今日は久しぶりに土砂降りが水不足で悩む日本列島を濡らし、35度まで上がった昼間の猛暑は何処へやら、急に気温も元に戻り、空気はいつもよりきりりと張りつめた美しさを湛えています。

今回も去年と同様に7月末まで、二ヶ月間日本に滞在するのですが、日々友人と会ったり、アルバイトをして小遣い稼ぎに勤しんだり、少しだけ勉強をしてみたり、意外と忙しく過ごしています。
二ヶ月間は意外と長くて、手持ち無沙汰になることを恐れていたのですが、最終学年を前に心の準備をするにはちょうどいいのかな・・・なんて思い始めています。

三年間の留学期間のうち、二年間が終了しました。当初はあれだけ長く感じていた留学期間が、いつの間にか逆から数えた方が早くなってしまいました。今までの二年間を思い返し、それとともに来る最後の一年、最終学年を、そしてその先を思い描く毎日です。
また、これまで長期休暇ごとに日本に帰国しておりましたが、今回を最後に留学が終了するまでインドで残された時間を存分に味わおうと考えています。つまり来年のこの時期までしばらく日本からはご無沙汰です。
街歩きに旅行に勉強に交友に、インドでやりたいこと、やり残してきたことの消化を考えるととても一年間では足りないような気もしてきて、今はまだ帰国まで三週間近くあるのですが、一刻も早くインドに帰りたくてうずうずしております。

今の自分が一番でありたい。

これは私が常日頃思っていることです。常に前進、昨日の自分より一歩前に。そうやって毎日生きていたいなぁと思います。なので、多少の遠回りでも、辛くても、面倒でも、その先に成長が見えるなら、困難を厭わずに挑戦していきたいと。そしてそれは残念ながら年を重ねれば重ねるほど薄らいでくる強さなのかもしれません。そうして、昨日の自分より退行していることにも慣れてしまって、無味乾燥な時間だけが経過していく・・・

最近、ふとした出来事で、自分が人に厳しく、自分に甘い人間であると気づく瞬間がありました。自分の期待値にそぐわない行いを他人がすると非常に残念に思い、しまいには相手を批判する始末。。。その一方で、自分が同じような過ちを犯した時には目をつぶって見過ごす生ぬるい姿勢。
他人に批判的であるということは、他人に自分の期待を投影するということで、結局は自分自身は不動のまま相手へ変化を期待しているにすぎません。(自分のミスを見過ごすということは、変わっていこうとしない表れです)
前進するということは、良い意味で変化し続けていくということ。そして私の中では前進することこそがモットーであり、信条であります。一点に固執して動かない姿勢を取っていることにそのとき気づき、はっとしてしまいました。全く気がつかないうちに、理想とは反対側に進もうとしている自身にかろうじて気がつけました。

「大人になってきたのね」
と母は言いました。どのような意味でそのように母は言ったのかはわかりませんが、常に新たな局面に向かって挑戦を忘れない、変化のために進み続けるバイタリティーを、年をとるにつれて忘れがちになってしまうということなのかなと私は解釈しました。

今日は本当に久しぶりに、ブログを書こうと思い立って(支えてくれている人の励ましもあり)、重い指をあげてキーボードに向かいました。ふと7月に入って、新学期を前に、気を引き締められるような以上の出来事があったのでシェアしたくて。。

では!

いかに無作為に撮り溜めた写真を添付します。

14676780160.jpeg

14676780020.jpeg

↑ちょうど去年の8月に南インドに旅行した際に撮った古典舞踊です。たまたま画像漁ってたらとても鮮やかな色彩が思い出とともに目に留まって・・

14676779840.jpeg

14676779280.jpeg

14676779540.jpeg

14676779130.jpeg

↑帰国直前にヒマラヤの麓、ウッタラカンド州に旅行へ行きました。低地から吹き抜ける冷たい風に圧倒されまくりました。デリーは40度越えの毎日にもかかわらず、こちらでは人々がセーターを着て生活していました。

14676778960.jpeg

14676778830.jpeg

14676778640.jpeg

14676778490.jpeg

曲げわっぱ鮭親子丼

14676778160.jpeg

14676777900.jpeg

14676777070.jpeg

↑新潟へ旅行。インドの写真とはまた異なる趣があります。人生で初めて日本海を拝んできました。

<今日のヒンディー語>(パソコン変えていま少しキーボード調整中です)
chhedchhaad 改ざん
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2016-03-08 (Tue)
流れる季節の真ん中で
ふと日の長さを感じます。

レミオロメンの三月九日の歌いだしです。この歌は春でなくても一年中、季節の変わり目に頭の中によぎる歌です。今日はなんと三月八日笑 すこしぞろ目じゃないのが悔しいですが今日思い立った日に書き残したいことを書き残します。

季節の移り目はひょっとした時にやってくる気がします。いつまで続くのだろうこの季節はと思っていた矢先にふと私たちを追い越していくような、足をすくわれるような感覚とともに新たな季節は到来するものです。
デリーでは先日、久しぶりの強風を伴った強めの雨が街を濡らしました。翌朝からひんやりと澄み切った空気の中に初夏を感じました。昼間は30度近く気温が上がるようになってきました。

日本では三月は別れと新生活への準備の季節ですね。こちらにいるとなかなか身をもって感じることができませんが、それでも時折、脳裏に膨らんだ桜のつぼみや背中を押す強く優しい風が思い出されます。一年間の中で最も心休まるひと月。

今週来週と中間試験やらバイトやらでとても忙しくなるのですが、三月の暖かい優しさに抱かれて進んでいこうと思います!!

IMG_0285.jpg


* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

はじめして * by ミライ
こんにちは。まだ始めたばかりのサイト「犬派」の管理人ミライです。写真がとても美しいですね!トラックバック一件させていただきました。よろしかったらどうぞよろしくお願いいたします。

承認待ちコメント * by -

個別記事の管理2015-07-08 (Wed)
こんばんは~
じめじめ。

梅雨時期に13年ぶりに三つの台風が同時発生し、互いに影響し合って複雑な動きをする可能性が出てきているそうですね。
ニュースは台風ひまわり8号でもちきりですね。
そのためかここ数日は毎日ぐずついた霧雨が空気を濡らしております。

そんな中、国際会議のお手伝いをしてきました。
朝7時集合で夜まで。
早起きの私でもヘトヘトになりました。
思ったより大規模な会議で、安倍首相もいらしたようです(下働きの私はもちろん拝見できませんでしたが)。
ヨーロッパ圏からの参加者がほとんどで、ちらほらトルコやイラン、中国韓国からのお客様もいらしました。

私はそこで会議のSpeakerとChairpersonの方々の受付を担当しました。一般参加者、VIPの方も併せて1000人近くが来場したと思います。登録確認と氏名照合、配布資料及びその説明が主な業務でした。

名前確認をすると聞き取り不能の発音で自分の名前を申し出るフランスの方、
チェコじゃないよ、Czech+`*{~=+*※???□?★▽??だよ、と超長い正式名称で訂正してくださったジョークなのか本気なのか測りかねるチェコの方、
えぇ、えぇ、と口少な目で厳しそうな英国人女性、
孫を見るような優しい瞳のアフリカ系アメリカ人、
美しい黒髪がカールするベルばらに出てきそうなフランス人♡、
ちょっと怖そうなイラン人、
怖そうというか怖いロシア人、
いくら待たされても怒らない中国の方、
日本はこの時期雨季なの?前1月に来たときは毎日晴れてたのに、で濡れそぼった体を拭きながら尋ねるフィンランドの方、
あっはいっじゃあと急ぎ足の日本人、
この紙もういらないからあげるわ、と陽気で弾けるようにポンポン話すアメリカ人女性、
オケッオケッと快活な韓国の方、
秘書の女性に怒られるイタリア人の教授、
碧眼金髪の親子三人で来日していたスウェーデンの方、

その他にも、私は担当していなかったのですが、
登録に手間取るドイツの方、
参加費を払った払わないでごねるイタリアの方、
スペイン、ポルトガル、スイス、オ-ストラリア、一般参加ではインド人も本当にごくわずかですが見かけました。
国際会議の趣旨が鉄道関係であったため、フランスからのお客様が多かったように思います。

参加国のほとんどが欧米であったため、大袈裟ですが、ヨーロッパの縮図を目の前に見るような気がして、私の目は異常事態に興味津々で常時見開かれ、少なくとも自分の受付に来てくださった方は、どの方がどこの国からの参加かを必ずチェックしました(受付のPCの中に全てのデータが含まれていましたので)。
全体的に高貴な方が多く、困ったリクエストで運営側が困ることはほとんどなかったのですが、少し気が付いたのは、
①海外では良くも悪くも自分がその国のイメージを背負うこと
②やはり笑顔は最強

ということです。
①に関して、これは、自分がインドにいるとき、日本人のイメージを崩すようなことはしていないかな?と思い返してゾッとしました(笑)自分以外にその国を代弁するモデルロールがいないのだと、認識した上で行動していこうと思いました。

そして何よりも、遠くからはるばる、長距離フライトで日本までお越しいただいた方々に対して、感謝と労わりの気持ちを言葉以上に表すことができるのは笑顔であるということを再確認しました。
笑顔はどんな装飾をちりばめた言葉よりもすべてを語ります。真心をもって接することの大切さを認識しました。笑顔を与えることは、笑顔を受け取ることと同じくらい気持ちが良いものですね。

それともう一つ、久々にどこかに所属する経験をさせていただきました。
日本に帰ってきてからぷかぷかと休暇を楽しんでいたのですが、そろそろ誰かのために働きたいなと思い始めていたところにこのような経験をさせていただいたので自分は幸せ者です。
7月後半にはおそらく国際医学会のお手伝いをさせてもらえそうなので、そこでも今日感じた思いを忘れずに、有意義な経験をしてインドに持ち帰りたいと思います。

14362837860.jpeg
* Category : 未分類
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

Kazumiさん * by युरि yuri
メッセージありがとうございます。
先日はNさんのお宅でお話しできて幸いでした。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます * by -

個別記事の管理2015-06-29 (Mon)
ふとした瞬間に思い出が蘇ることがあります。
それはだいたいが意識もせずいきなりぽっと浮かんではまた忘却の深淵に沈んでいくようなものなのですが、今日はたまたまそんなエピソードを二つ、たまたままだ覚えているので忘れないためにも記しておこうと思いました。

それはちょうど一年と三か月ほど前のこと、私と弟はNew Yorkを旅行していました。Lower East地区のチャイナタウン、リトルイタリー、リトルインディアと呼ばれる区画を歩いておりました。
チャイナタウンでは、なんだか必要以上に漢字表記に感動し格安の偽ブランドバッグに思わず笑みが零れ、
リトルイタリーで、は極寒の三月末ではありましたが柔らかな春の日差しの下カプチーノをテラスですするお客さんたちの後ろで鮮やかなイタリア国旗が翻り、
リトルインディアでは、カレー屋さんが閑静な住宅地に一つだけぽつんとあるだけでした(場所を間違えていた可能性があります)。

fc2_2014-04-07_10-57-47-971.jpg

その地区のCanal St.駅から最寄りまで帰ろうとプラットホームで電車を待っていた時、よぼよぼの酸っぱい顔をした日系の顔立ちをしたおばあちゃんが、私と弟を見るなりにこにこ顔でなにやら中国語で話しかけてきました。
どう反応していいか困った顔をしてオロオロしていると、おばあちゃんは”Mama Papa China? No Chinese?” と尋ねてきました。どうやら中国系移民の子供だと思われたようでした。
日本人であると伝えると、徐にがっかりした様子で去って行きました。それから同じ電車に乗りましたが、もう話してくることはありませんでした。

それだけです。

もう一つは、ちょうど一年前、七月の中旬、インドに渡って一番初めの住居での思い出です。
大学からほど近い、ワンルームの小さな部屋でした。
窓はガラスがはまっていないものもあり、それらは新聞紙で閉じられていました。
扉には鍵がかかっておらず、自分で鍵を買ってきて取り付けました。
外の気温は昼で45度以上でしたがセキュリティーの関係上、そしてまだ初めての国でかつ初めての場所で、窓を開いたまま眠ることも憚られ、扉という扉を閉め切っていました。
もちろん蒸し暑さであまりよく眠ることができません。
早朝の4時になると目が醒めてしまいます。
暑さにしびれを切らして扉を開けて共用バルコニーに出ると、夜が朝に変わろうとする瞬間に立ち会えました。
空全体に紅色が広がり夜の空色と交じり合い、さらにデリーのくぐもった大気がそこにベールをかぶせて太陽が昇ってくるのを空が今か今かと待っているのです。
熱の抜けた涼しい夜風とともに、新たな一日が始まることを予期させる湿った生温い風が一緒に駆け抜けます。
バルコニーから見えた、夜と朝の出会いの景色。
キレイと感動できるほど胸打つものではありませんでしたが、固唾をのんで見守りたくなるようなそんな風景。

それだけです。

以上の二つが今日、いきなり、それぞれ異なる瞬間に思い出されました。どちらも日本にいなかったからこそできた経験です。どちらも何のオチもないようなエピソードで、書くほどのものではないのですが、思い出とはそのような一見ありきたりなものなのかもしれません。
だから、意識的に思い出を作ろうと励んだり、記念写真に固執したり、その一瞬一瞬を忘れないように全身全霊で生きなくても、思い出は知らないうちに自分の中にこっそり潜んでいて、ふとしたきっかけで私たちの心の扉をノックするのかもしれません。チャイナタウンのおばあちゃん、私はほぼ忘れかけていましたが、今日たまたまNYのチャイナタウンについての文献を読み、思い出したのです。

思い出は思い出されて初めて思い出と成り得る、そんな当たり前の事に妙に合点がいきました。

20140715_052047.jpg


<今日のヒンディー語>
झझकना オロオロする、うろたえる

* Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

* by yuki
私の住むバンガロールは4月はとっても暑かったのですが、6月に入り20度あるかないかの涼しい季節になりましたよ。

インドにまたいらっしゃるということで
もっともっと思い出を増やしてくださいね。

私は来月末また日本に主人と一時帰国ですが、インドに帰ってきたら彼とハンピ遺跡に行ってみようと相談中です。
今は涼しいから熱帯の遺跡巡りは避けられそうでし(3月に行ったチェンナイのマハーバリプーラムは暑かった;)
ハンピは遺跡の中に遺跡のようなホテルがあったり面白そうです。ぜひぜひ南インドにいらっしゃる際はハンピへ。

ゴアにもまた行きたいな。。。酒税が安いからガンガン飲んじゃう☺




個別記事の管理2015-06-13 (Sat)
近所のカシミールシルク雑貨店、働いているのはインド系。
両親に背中を押され勇気を出して入ってみて、店員さんとお話をしてみました。

私がインドに一年住んでいたこと、そしてあと二年住むこと、
大学で勉強していること、
彼らはDelhi Walla(デリーっ子)であること、
お互いの今後の帰国予定、
お互いデリーのどこに住んでいるか、などなど
近いうちにチャイでも飲みにおいで。またデリーか日本で会いましょう、
そうやって別れました。

日本人がヒンディー語を喋ってくれた、今日はいい夢が見られるよ、奇跡みたいだ。信じられない。本当に嬉しい。धन्यवाद(有難う)。

少し大げさな喜び方ではあるけれど、なんだか少し何かが認められたような気がして嬉しくなりました。初めてThank you. 以外の感謝の言葉を贈られました。
もっともっと前へ。

最近とっても素敵な本を見つけて、その人の著作を全部買い占めて読破しようとしています。後日紹介します。詳しくお伝えしたいです。考えさせられることの多い深い本です。
その本を読んで、努力に裏打ちされる行動力と自信について考えさせられて、それを実行している同じくインド留学中の友人を思い出して、彼のように私も前へ進まなければと改めて感じています。
それとともに、世界はインドの外にも広がっていること、世界中に住むインド人、日本人、自国を離れて住むということ、好奇心・興味と異文化に対する礼儀のバランスのとり方、積極性、、ということも考えさせられております。来年の夏休みは今年のように丸々二か月を日本で過ごすのではなく、別の国、、インドでも日本でもない国、で過ごそうかと計画しております。ふふふ
その計画を胸に一人ほくそえんでいます。ふふふ

7月、国際会議のボランティア活動が楽しみ。
8月、インド帰国がもう楽しみ。新学期が楽しみ。
家族、友人たちにデリーの町をガイドするのが楽しみ。
冬休みの日本帰国も楽しみ。今回の滞在で会えない人に会えるのが楽しみ。
そして来年の夏休みも楽しみ。

楽しみなことが多い。
楽しみを存分に味わうために必要不可欠な、努力に裏打ちされた自信を、手に入れられるよう、頑張ります!!

14342009000.jpeg

留学前の友人とともに食したメキシコ料理。ココアベースのソースが大地の荒削りな風合いを残して肉と絡まっていました。
北京とニューヨークに留学する二人。また来年、皆一回り大きくなって語らおうと約束をしました。
前向きな希望に満ちた二人に囲まれ、自分も気分新たにデリーでの一年を楽しめると確信しました。

<今日のヒンディー語>
सार्थक adj 有意義な

* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

S.M.さん * by युरि yuri

メッセージありがとうございます。
まずはICCR、選考合格おめでとうございます。
新たに同じ大学でともに頑張れる仲間ができることが本当に嬉しいです^^JMIには現在私を含めて三人日本人がいます。大きな大学でたった三人なので、お互い協力しながら日々頑張っています。
SさんはMAでの入学でしょうか?私はBAですのでBAに関しての情報しか提供することができませんが、私の分かる範囲で学校の情報を提供させていただきたく思います。
私も実際JMIに入るまで、どのような大学なのか、授業は定期的に行われるのか、成績の出し方など教務課はしっかりしているのか不安でした(Webサイトにもなかなか授業風景などが分かる資料はありませんよね、、)。
ます、私が一年間を終えてJMIの学生生活を振り返って言えることは、これから来る留学生の方々に胸を張って留学先としておすすめできる学校であるということです。
外国人留学生専用のオフィスもありますし、日本だけではなく中東・東南アジアからのICCR奨学生を多く受け入れているので留学生受け入れの手続きも理解されています(新学期の書類手続きなどもしっかり指導してくれます)。
日本の大学との設備と比較してしまうと見劣りする点は多々あります。ACが教室にないだとか、キャンパス移動に広い道路を渡らないといけないので怖いだとか、食堂の食べ物が衛生的に?であるとか、、、、しかし、そのような事柄は留学する身としてはある程度理解した上で受け入れなければならないものであると私は理解しています。
授業の方ですが、私の所属する歴史学部では、先生が来なかったり、授業が行われなかったということはほぼありませんでした。むしろ私のクラスでは、10分でも遅刻した生徒は出席がもらえないので遅刻しないようにするのが大変でした笑 ちなみに、1学期を通じて出席率が75%を下回ると期末試験を受けることができません。それ程日々の授業への出席は重要視されています。1学期のうちに、期末試験のほかに学期を通じて二回の中間試験があります。総合的な成績は期末試験75%、中間の合計25%、計100%で算出されます。
まぁ、日本の大学の講義のように休講の場合は一週間前に学生に連絡が行く、、ようなことはなく、その場で今日は休講であることが分かったり、悪天候のため暗黙の了解だから休講、ということはありました(私も暗黙の了解で行きませんでした笑)
授業の質の方は、私の場合歴史学なのでどうしてもヒンディー語が使われることが多かったのですが、社会学や政治学、経済学では英語が多いようです。どちらにせよ試験は英語で受験可能なので最低限の英語能力があれば何とか乗り越えられることと思います。日本の大学でもそうであるように、インドでも、講義は学生の興味を導くために行われているように感じます。講義で先生の行ったことだけを暗記して試験に臨んでもだめで、自分で本を読んで知識を整理する、ことのほうが重要でした。なので授業で先生が言ったことがちんぷんかんぷんでも試験で何とかなったりはします!
友人たちは皆フレンドリーです。はにかみ屋、無口、根暗、うそつき笑、忘れん坊、、、色んな友人がいます。気さくで突き抜けるように明るくてよく喋る、というインド人イメージが覆されます。8割以上がイスラーム教徒です。宗教も文化も違う彼らともっと仲良くなるには、もっと理解しあえるようにするにはどうすればよいか、これは私もまだまだ残りのJMI生活で学んでいきたいところです。
住居の事ですが、学生寮と個人的に部屋を借りることの二パターン考えられます。拘束が嫌いな私は後者を選択しました。ただ、インド人ともっと交わりたいならば前者の方が良かったと思うこともあります。インド到着後、奨学金を得るために、そしてFFRRO(外国人地域登録)をするために2週間以内に自分の住む場所を確保しなくてはなりません。インド到着までに自分にはどちらが適しているか考えておくとよいと思います。ちなみに家さがしはほんっっっとうに大変ですのでお手伝いします。

留学後最初の数か月は環境に慣れるのがとても大変であると思います。でも慣れてしまえば、本は安いし時間は沢山あるし物価は安いし人はいっぱいいるしなんでも挑戦できる環境が目の前に揃っています。是非勇気を出して、一歩を踏み出していただけたらと思います^^